ブランチ福岡下原は2018年11月30開業!テナント店舗一覧!マックスバリュも入居!

最終更新:2019.01.04

ブランチ福岡下原について

ブランチ福岡下原は、福岡市東区の旧東部市場跡地に計画されている複合商業施設です。新たに整備された博多バイパスの終点に位置し、福岡都市圏内では北側のベッドタウンエリアに位置します。

施設の規模

ブランチ福岡下原は、敷地面積約21,997㎡、延べ床面積約11,062㎡・地上2階建ての規模となります。入居テナント数は30店舗前後でスタートする予定です。

「Community Terrace SHIMOBARU」をコンセプトに、地域の人々が集う多世代交流のリビングルームを創造するとあり、商業施設の他に医療モールやコミュニティースペースなどが配置される予定です。

完成・開業時期

ネットの情報によると、2018年11月30日の開業を予定しているようです。

ブランチ福岡下原の外観・内観イメージ

外観イメージ

道路沿いは駐車場、奥に建物群が配置される、郊外型中規模ショッピングセンターに多い配置となりそうです。屋上は緑化され、食彩なども植えられ、緑も楽しめるショッピングセンターになりそうです。

画像引用元:東部市場跡地事業提案公募の事業予定者が決定しました(お知らせ)

大屋根テラス部分の外観イメージ

曲線が印象的な大屋根が設けられ、その下は屋上テラスや1階テラスとなるようです。この空間がブランチ福岡下原のシンボル的な空間になりそうですね。イベント開催にも適していると思います。

画像引用元:東部市場跡地事業提案公募の事業予定者が決定しました(お知らせ)

ブランチ福岡下原の計画概要

用途 商業施設等
延床面積 約11,062㎡
階数 地上2階
高さ 調査中
開業予定時期 2018年11月30日

入居テナント店舗

2018年11月30日の1期開業で16店舗、2期まで開業すると28店舗、3期(全体)開業で計34店舗のテナントが入居予定です。

ここでは1期開業と2期開業予定の一部店舗を含むの18店舗を紹介します。

1期は1階が中心の開業となり、核店舗はスーパーマーケットのマックスバリュとなります。

飲食店から物販店までバラエティ豊かな生活を支える店舗が入居します。

また、11 月 30 日(金)AM9:30 より、施設内特設会場にてオープニングセレモニーを執り行います。

1F

  • ふくや(食販売・めんたいこ)
  • 焼肉 龍王館(焼肉)
  • 辛麺屋 桝元(辛麺)
  • サイゼリヤ(イタリアン)
  • R Baker(ベイカリーカフェ)
  • Lucas(雑貨)
  • マックスバリュ(スーパーマーケット)
  • 保険ほっとライン(保険)
  • パンジークリーニング(クリーニング)
  • マツモトキヨシ(ドラッグストア)
  • キャンドゥ(100 均)
  • 靴の尚美堂(靴)
  • リペアスター(靴修理・合鍵)
  • セカンドストリート(リサイクル)

2F

  • 【2期】クイックカラーQ(ヘアカラー)
  • まちスポ福岡東(コミュニティースペース)
  • くじらファミリー歯科(歯科)
  • 【2期】ジャザサイズ(2019年1月開業予定)(フィットネス)

場所・アクセス

ブランチ福岡下原は、国道三号線沿いにあり、また新設された福岡バイパスの終点に位置します。車でのアクセスが良好ですね。

鉄道でのアクセスは鹿児島本線「九産大前」駅が最寄りとなり、徒歩圏内に位置します。

福岡の再開発情報

福岡市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

福岡の再開発情報

福岡市中心部の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

博多の再開発情報

天神の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。