ドン・キホーテによる渋谷区道玄坂二丁目開発計画は2022年4月竣工!テナントはどうなる?外観イメージと詳細を公開!

投稿日時:2018.8.13.19:48 / 最終更新:2018.12.29.14:08

渋谷区道玄坂二丁目開発計画について

渋谷区道玄坂二丁目開発計画は、ドン・キホーテホールディングスによって進行中の、ホテル・オフィス・商業施設などからなる、複合超高層ビル計画です。

渋谷エリアは大規模な再開発が何件も進行中で、超高層ビル街と繁華街が混ざり合う新しい都市へと生まれ変わろうとしています。

施設の規模

地上28階、高さ約120m、敷地面積約5,737㎡、延べ床面積約40,950㎡の規模となる予定です。1〜3階は商業施設、4〜10階はオフィス、11〜28階はホテルとなる予定です。

完成・開業時期

2022年4月の竣工を予定しています。

渋谷区道玄坂二丁目開発計画の外観・内観イメージ

外観イメージ

低層部は周辺の雑居ビルを模したような繁華街風のデザインとなり、中高層部はシンプルで先進的なタワー型のデザインとなります。

道に接する部分が狭く、奥まった場所にタワーが建設されるため、雑居ビルで構成される渋谷らしい猥雑な雰囲気が維持されます。

低層階(オフィス)屋上には緑地広場も設けられる予定です。渋谷の新たな憩いの場になりそうですね。

画像引用元:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」について

外観イメージ(夜景)

低層部、中高層部ともにライトアップが施され、ランドマーク性の高い雰囲気になりそうです。

画像引用元:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」について

低層階外観イメージ

渋谷らしい坂と雑居ビルの雰囲気を再現したデザインとなりそうです。クリエイティブでおしゃれな空間になりそうですね。

画像引用元:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」について

低層階外観イメージ②

2層分ある大きなゲートで、商業施設に吸い込まれるような演出となりそうですね。

画像引用元:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」について

渋谷区道玄坂二丁目開発計画の計画概要

用途 オフィス・ホテル・商業施設等
延床面積 40,950㎡
階数 28階
高さ 約120m
完成予定時期 2022年4月

場所・アクセス

渋谷駅からほど近く、東急百貨店本店の南東側のブロックに建設される予定です。渋谷のストリートの一つ、文化村通りにも接しますが、タワー部分は奥まった場所に建設されます。

出店予定のテナント・店舗

商業施設に出店予定のテナントはまだ明らかになっていません。詳細が判明次第、このページに追記予定です。

地上1階〜3階が商業施設となる予定ですが、ドン・キホーテの店舗などが入居する可能性もあります。

文化村通りを挟んで反対側に「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」がありますが、渋谷本店が再開発ビルに移転する可能性や、2店舗体制に拡大する可能性があります。

東京23区の再開発情報

東京23区内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

渋谷エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

渋谷の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。