JR広島駅ビル建て替え再開発計画の概要が明らかに!テナント店舗は?2025年春開業!

投稿日時:2019.3.15.17:06 / 最終更新:2019.5.24.12:22

画像引用元:広島駅ビルの建替え計画について

JR広島駅ビル建て替え再開発計画について

以前から検討されていた、広島駅ビル建て替え構想が具体化しました。

JR広島駅ビルASSEを2020年3月末に閉館し、跡地に新しいJR広島駅ビルを建設する再開発計画の概要が明らかになりました。

ビルの構成は、低層部に巨大なショッピングセンターと吹き抜け大空間となる路面電車の電停が設けられ、高層階にホテルとシネマコンプレックスが配置されます。

1階部分は駅前広場(交通広場)空間となる予定です。

地上20階建ての超高層ビルですが、横幅のほうが広く、巨大な街のような駅ビルとなります。

出典:広島駅ビルの建替え計画について

新駅ビルは、広島駅南口広場の後ろに建設され、別棟で駐車場棟も建設され、車でのアクセスも考慮された施設となりそうです。

出典:広島駅ビルの建替え計画について

施設の規模

地上20階建て、高さ約100m、延べ床面積は約111,000㎡にのぼる、壮大な規模の駅ビルが計画されています。

完成・開業時期

2025年春の開業を予定しています。

更新情報

2019/3/15記事作成

JR広島駅ビル建て替え再開発計画の外観・内観イメージ

外観イメージ

中央にはゲート性の高い路面電車のための大ホーム屋根が設けられ、左右に広大なウイングが広がる横長型の巨大ビルとなります。

高さも約100mあり、幅は300m以上あるように思えます。

全体的に白を基調とした、モダンなデザインとなっており、商業施設部分の一部がガラス張りとなり、賑わいの演出に貢献しそうです。

出典:広島駅ビルの建替え計画について

内観イメージ

路面電車のホーム空間は吹き抜けの大空間となり、広島駅〜広島市中心街へと出発する観光客を出迎える演出です。

木質系の内装も使われており、温かみのある内観になりそうです。

広島電鉄駅前大橋ルート・循環ルートは2025年春開業を目指し整備予定!

出典:広島駅ビルの建替え計画について

JR広島駅ビル建て替え再開発計画の入居テナント店舗

ショッピングセンターの運営は中国SC開発株式会社、シネマコンプレックスは松竹マルチプレックスシアターズを予定しています。

具体的な入居テナント店舗名はまだ発表されていません。

シネマコンプレックスの名称は、MOVIXとなる可能性が高いですが、独自のブランド名となる可能性があります。

ホテルはJR西日本ホテルズの宿泊主体型ハイグレードホテル「ホテルヴィスキオ」の進出が計画されています。

ホテルの規模は約400室を予定しています。

国内外から訪れる観光客やビジネス客のニーズに応える洗練されたホテルとなる予定です。

JR広島駅ビル建て替え再開発計画の計画概要

用途 商業施設・ホテル・映画館・交通施設・駐車場等
延床面積 約111,000㎡
階数 20階
高さ 約100m
開業予定時期 2025年春

場所・アクセス

新しいJR広島駅ビルは、現在の駅ビル商業施設「ASSE」の跡地に建設されます。新幹線も停車する交通ターミナル駅「JR広島駅」直結の、地元民にも観光客にも便利な立地となります。

駐車場棟も建設されるので、車でのアクセスも便利そうです。

広島の再開発情報

広島市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

広島市中心部・広島駅周辺の再開発情報

広島県内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

広島の再開発情報

日本郵政グループが広島東郵便局を建て替えし、地上20階建てのオフィス主体の高層ビルを建設します。

「広島駅南口計画」JP日本郵政グループが広島東郵便局跡地に超高層オフィスビルを建設!

大規模複合ビルグラノード広島が、2019年春に広島駅近くに開業予定です。

グラノード(GRANODE)広島のテナント店舗&バイト求人採用情報!2019年春開業!

広島電鉄の新ルート「駅前大橋ルート」「循環ルート」の整備計画が進行中です。

広島電鉄駅前大橋ルート・循環ルートは2025年春開業を目指し整備予定!

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ