一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発事業は2023年度竣工!

投稿日時:2019.3.22.10:39 / 最終更新:2019.6.9.16:00

一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発事業について

愛媛県松山市中心部で検討されていた、「一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発事業」の概要と外観イメージが明らかになりました。

森ビル都市計画など6社の企業グループLink Matsuyama Eightにより開発が行われる予定となっており、ホテルや商業施設、タワーマンションなどからなる複合施設を計画しています。

施設の規模

地上29階建て、延べ床面積約39,500㎡の規模を予定しています。

完成・開業時期

2020年後半に解体工事着手、2023年度前半の建物竣工を目指しています。

更新情報

2019/3/22記事作成

一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発事業の外観・内観イメージ

外観イメージ

外観イメージは再開発事業公式サイトにより明らかになっています。

茶色系のアースカラーの低層部と、白を基調とした爽やかな高層部を組み合わせた外観となっており、低層部の商業施設はガラス張りのシックなデザインになりそうです。

茶色の横長の中層ビルがホテル棟、上層部が白くなっている高層ビルがタワーマンションとなるのではないでしょうか?

画像引用元:一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発準備組合公式サイト

一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発事業の計画概要

用途 ホテル・商業施設・住宅等
延床面積 約39,500㎡
階数 29階
高さ 約99m
完成予定時期 2023年度前半

場所・アクセス

一番町一丁目・歩行町一丁目地区市街地再開発事業」は、松山市の中心部の伊予鉄勝山町駅付近の、一番町、歩行町エリアで計画されています。

鉄道でのアクセスは、伊予鉄勝山町駅、大街道駅から約200mと好アクセスで、松山市駅からも約1.5〜2km程度でアクセスが可能です。

車でのアクセスも国道11号線沿いなので、スムーズそうですね。

周辺には松山三越などの大型商業施設や、松山城など大型観光施設があり、再開発によりエリアの魅力ドアップに繋がりそうです。

愛媛の再開発情報

松山市の主要な再開発計画は、下記のページにまとめてあります。

松山の再開発情報

近隣で大型商業施設銀天街GET等を建替え、地上20階建ての複合高層ビルを建設する計画が進行中です。

湊町三丁目C街区地区第一種市街地再開発(銀天街L字地区)は2023年度完成予定!

愛媛県内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

愛媛の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ