天神のイムズ(IMS)の外観写真

天神イムズ(IMS)が閉店へ。いつ閉館&いつまで営業?閉店理由は?跡地は再開発でどうなる?

天神のイムズ(IMS)が閉店へ。閉店理由は?

三菱地所は、福岡市天神の大型商業施設「イムズ(IMS)」を天神ビッグバンに伴う再開発のため閉店させることを発表しました。

イムズ(IMS)は、1989年4月に開業した三菱地所系列によるショッピングビルで、西鉄福岡駅の東隣に位置し、天神のランドマーク的存在のひとつとして、地域の人々に親しまれてきました。

閉店理由は、跡地の再開発のためで、閉店後建物は解体が決まっています。

天神のイムズ(IMS)はいつ閉館&いつまで営業?跡地はどうなる?

天神の大規模商業施設「イムズ(IMS)」は、2021年8月31日まで営業が行われ、2021年8月をもって営業を終了し、閉館となる予定です。

2021年以降、建物は解体され、新たな建物が再開発により誕生する予定となっています。

福岡市の再開発促進措置「天神ビッグバン」は、再開発ビルを完成させる期限を2024年末から2026年末まで2年間延長させることが発表されており、遅くとも2026年末までには新たな建物が完成する見込みです。

新たな建物には再度商業施設が入居する可能性も考えられ、天神の情報発信基地として生まれ変わる可能性があります。

天神のイムズ(IMS)再開発は単独?一体的に行われる?

再開発はイムズ跡地単独で行われるか、もしくは周辺街区と共同で行われるかはまだ定かではありません。

イムズのある敷地は天神ビッグバンによる高さ規制緩和エリアからは当初は外れていましたが、岡市と規制緩和について協議が行われ、高さ規制緩和エリアの対象に含まれるようになりました。

これにより現在のイムズよりもより高層の大型ビルを建設することが可能になり、大規模な再開発となる可能性が高いです。

天神ビッグバンによる再開発が加速

天神エリアでは、福岡市による規制緩和&再開発促進プロジェクト「天神ビッグバン」を強力に推進中で、リッツカールトンなどが入居する複合超高層ビル計画「旧大名小学校跡地活用事業」や、福岡地所の高層複合ビル計画「天神ビジネスセンタープロジェクト」、大型商業施設も入居する大型複合高層ビル「福ビル街区建替プロジェクト」など大型の再開発が複数進行中です。

規制緩和は2024年12月までの予定となっており、イムズの2021年度閉館後、2024年12月までに再開発による新しいビルを完成させる予定となっていそうです。

規制緩和によりイムズの北側に隣接して建設される「福ビル街区建替プロジェクト」

福ビル街区建替プロジェクトは、イムズの北側のブロックで計画されている大型複合高層ビルで、地上19階、高さ約96mの規模となります。

低層階の大部分は大型の商業施設となり、天神のランドマーク的存在となりそうです。

「福ビル街区建替プロジェクト」の完成予想イメージ

画像引用元:「福ビル街区建替プロジェクト」第 1 期事業の計画について

規制緩和によりイムズの北東側に隣接して建設される「天神ビジネスセンタープロジェクト」

天神ビジネスセンタープロジェクトは、イムズの北東側のブロックで計画されている複合高層ビルで、地上19階、高さ約90mの規模となります。

こちらはオフィス主体の高層ビルとなります。

「天神ビジネスセンタープロジェクト」の完成予想イメージ

画像引用元:民間都市再生事業計画((仮称)天神ビジネスセンタープロジェクト)を認定

天神の再開発情報関連記事

天神(天神ビッグバン)の再開発情報

天神ビジネスセンタープロジェクトは2021年9月竣工!地上19階、高さ約90mの高層ビルが天神に誕生!

福ビル街区建替プロジェクト1期の概要が判明!高さ96m!2023年12月竣工!

旧⼤名⼩学校跡地活⽤事業 高さ110mの超高層ビル リッツカールトン進出!

天神ショッパーズ福岡は2019年春リニューアルオープン!イオンショッパーズ福岡店をオフィス・商業施設の複合施設に改装

天神のイムズ(IMS)の場所はここ

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。