札幌駅前の「北5西1西2」街区再開発は札幌最高層の複合ビルを構想。高さ約230m、地上50階前後を想定。

投稿日時:2019.11.13.22:29 / 最終更新:2019.11.13.22:40

「北5西1西2」街区再開発は高さ最高230mを構想

札幌駅前のJRタワーに隣接した、現在商業ビル「札幌エスタ」や駐車場として活用されている「北5西1西2」街区の再開発の構想案が明らかになりました。

構想では2019年11月に開業した「渋谷スクランブルスクエア」と同規模の、札幌最高層の超高層複合施設を検討しており、高さは最高で約230m、地上50階建て前後の、札幌のランドマーク的ビルとなる予定です。

大規模な商業施設、ホテルやオフィス、バスターミナルも整備

西1街区側に現在のJRタワーよりも高いビルを建設し、西2街区と西1街区をまたぐ構造の低層の大型商業施設が整備される予定で、中層階は大型のオフィス、高層階は大型のホテルとなる予定です。

両街区の低層部にはバスターミナルが設けられ、西1街区側は都市間バス、西2街区側は札幌市内近郊のバスが発着する構造になる予定です。

「北5西1西2」街区再開発はいつオープン予定?

「北5西1西2」街区再開発は、2022年度までに都市計画決定を目指し、2023年度の着工、2028年度の竣工・オープンを目指しています。

2030年に再招致を目指している、札幌オリンピックまでに間に合わせるタイミングでスケジュールが検討されています。

隣接地でも札幌最高層の超高層ビルが計画中

隣接地のではヨドバシカメラ主導による、札幌一高い超高層複合ビルが「北4西3街区再開発」として計画されており、早ければ2023年頃に完成・開業しそうです。

どちらも実現すれば、札幌駅前の商業集積が一気に進み、札幌都心の新たな核となりそうです。

「北5西1西2」街区再開発の場所はどこ?

「北5西1西2」街区再開発は、札幌駅に直結するJRタワーに隣接して計画されています。

交通アクセス性に優れ、オフィスやホテル、商業施設の立地として申し分ありません。

札幌・北海道の再開発情報・注目の計画

札幌市中心部の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

札幌駅・大通公園周辺の再開発情報

北広島市に日本ハムファイターズの新球場が建設予定です。

北海道ボールパークは2023年3月開業決定!場所は北広島市。斬新な設計の日本ハムファイターズ新球場が誕生。

北海道内の再開発情報・注目の計画は下記のページにまとめてあります。

札幌・北海道の再開発情報・注目の計画一覧

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ