京都駅前の京都中央郵便局の画像

京都駅前の京都中央郵便局を建て替え再開発。KITTE京都が進出する可能性も。

京都駅前の中央郵便局を14階建ての複合ビルへ再開発

京都駅前に立地する「京都中央郵便局」と隣接する駐車場を、日本郵便とJR西日本グループの京都駅ビル開発が共同で、地上14階建て、延床面積約130,000㎡の規模の大規模な複合ビルへ建て替え・再開発を計画していることが各社報道により明らかになりました。

京都駅前エリアでは31mの高さ規制がありますが、国の規制緩和制度を活用することで高さ約60mの高層ビルとすることを計画しています。

隣接する巨大な京都駅ビルは高さ約60mとなっており、隣接地のため高さ規制緩和も合理的ではないか?と判断することができそうです。

京都中央郵便局の建て替え・再開発はいつ完成&開業?

京都中央郵便局と隣接する駐車場の建て替え・再開発計画は、2029年度の開業を予定しています。

14階建の高層ビルは複合ビルとなり、オフィス、ホテル、商業施設などが入居する予定となっています。

オフィスが延床面積の約半分を占め、残りが商業施設とホテルになる予定で、低層部にはバスターミナルも一部整備される予定です。

京都中央郵便局再開発でKITTE京都が進出?

京都中央郵便局の再開発は日本郵便とJRによる共同事業となります。

場合によっては、日本郵便が展開している商業施設シリーズKITTEが進出する可能性も考えられます。

KITTEは東京駅前に「KITTE京都」、博多駅前に「KITTE博多」、名古屋駅前に「KITTE名古屋」を運営中で、いずれも大都市駅前にある拠点郵便局跡地を活用した再開発ビルに入居しています。

京都中央郵便局の再開発計画の概要

敷地面積

約10,200㎡

延床面積

約130,000㎡

用途

オフィス・ホテル・商業施設・バスターミナル等

階数

14階

高さ

約60m

京都中央郵便局の再開発計画の場所・地図

京都中央郵便局等の再開発計画は、東海道新幹線など各路線が通るJR京都駅と駅前広場に面した、交通至便な立地に開業予定です。

用途の半分はオフィスとなる予定で、開業すれば多くの企業を呼び込むビジネスセンターとなりそうです。

京都中央郵便局と隣接する駐車場が再開発される予定となっています。

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。