「目黒マーク(MEGURO MARC)」目黒駅・五反田駅徒歩圏内にタワーマンションとオフィスの複合再開発

画像引用元:(仮称)西五反田 3 丁目プロジェクトの街区名称を「MEGURO MARC」に決定

目黒駅と五反田駅徒歩圏内のタワーマンションとオフィスの複合再開発

JR東日本グループと野村不動産グループにより計画が進行中の「西五反田3丁目プロジェクト」の街区名称が「目黒マーク(MEGURO MARC)」となることが、2021年3月に発表されました。

「目黒マーク(MEGURO MARC)」は目黒駅、五反田駅の中間付近に位置し、分譲タワーマンションと賃貸マンション、オフィスビルの3棟からなる複合再開発となります。

最も高層となる分譲タワーマンションは高さ約127m、3棟の総延床面積は約94,000㎡の大規模な再開発となります。

この記事の情報源

(仮称)西五反田 3 丁目プロジェクトの街区名称を「MEGURO MARC」に決定

「目黒マーク(MEGURO MARC)」はいつオープン開業?

オフィス棟は2022年3月の竣工、賃貸住宅棟は2022年10月の竣工、分譲住宅棟は2023年11月の竣工となります。

目黒マーク(MEGURO MARC)街区全体のオープンは2023年の終わり頃となりそうです。

「目黒マーク(MEGURO MARC)」の完成予想図

地上13階建て、高さ約70m、延床面積約38,720㎡の大型のオフィス棟、地上24階建て、高さ約86m、延床面積約18,570㎡の賃貸住宅棟、地上32階建て、高さ約127m、延床面積約36,710㎡の規模の分譲住宅棟の3棟が林立する都会的な景観が誕生しそうです。

3棟は周辺の町並みに馴染む落ち着きのあるデザインとなっています。

画像引用元:(仮称)西五反田 3 丁目プロジェクトの街区名称を「MEGURO MARC」に決定

「目黒マーク(MEGURO MARC)」の計画概要

用途 オフィス・住宅・店舗・保育所等
階数 分譲住宅棟32階、賃貸住宅棟24階、オフィス棟13階
延床面積 分譲住宅棟約36,710㎡、賃貸住宅棟約18,570㎡、オフィス棟約38,720㎡
高さ 分譲住宅棟約127m、賃貸住宅棟約86m、オフィス棟約70m
オープン開業時期 分譲住宅棟2023年11月以降、賃貸住宅棟2022年10月以降、オフィス棟2022年3月以降

「目黒マーク(MEGURO MARC)」の地図・場所

目黒マーク(MEGURO MARC)は、鉄道線路に挟まれた目黒駅、五反田駅の中間付近の立地に開業予定です。

周辺にはDNP五反田ビルなど大型の高層ビルが立地しており、都会的な景観を形成しそうです。

DNP五反田ビル側にオフィス棟、西側に賃貸住宅棟と分譲住宅棟が配置されます。

東京23区の再開発情報・注目の計画

東京23区内の再開発情報は以下のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。