みなとみらい52街区の大和ハウス工業等による超高層オフィスビル計画

画像引用元:みなとみらい 21 中央地区 52 街区の 事業予定者を決定しました

みなとみらい52街区に大和ハウス工業等による超高層オフィスビルとゲームアートミュージアムの開発計画が判明。

みなとみらい52街区に高さ約171mの超高層オフィスビル等を整備

大和ハウス工業とコーエーテクモホールディングスの関連会社「光優」が共同で、みなとみらい52街区を開発し、高さ約171m、地上28階建ての超高層オフィスビルと低層のゲームアートミュージアムが一体となった複合施設(延床面積約110,142㎡)を開発sる計画が明らかになりました。

周辺では企業の進出やオフィスビルやホテルの建設が相次いでおり、みなとみらい21エリアのさらなる活性化につながりそうです。

この記事の情報源

横浜・みなとみらいにゲーム博物館 大和ハウスなど

大和ハウス工業等によるみなとみらい52街区の開発計画はいつオープン&開業?

みなとみらい52街区の開発計画は、2023年の本体工事着工、2026年7月の完成・オープン開業を予定しています。

みなとみらい52街区の開発計画の完成予想図

みなとみらい52街区の開発計画は、高さ約171mのエリア最高層クラスの超高層オフィスビルと、円形モチーフの低層の特徴的な外観のゲームアートミュージアムに分かれ、中央を遊歩道キング軸が貫く開発計画となっています。

市有地側に超高層オフィスビル、国有地側にゲームアートミュージアム、緑地庭園などが整備される予定となっています。

みなとみらい52街区の大和ハウス工業等による超高層オフィスビル計画

画像引用元:みなとみらい 21 中央地区 52 街区の 事業予定者を決定しました

周辺街区とは人工地盤などで接続され、交通アクセスの良い開発となりそうです。

みなとみらい52街区の開発計画の計画概要

用途 オフィス・ゲームアートミュージアム・商業施設等
階数 28階
延床面積 約110,142㎡
高さ 約171m
オープン開業時期 2026年7月完成予定

みなとみらい52街区の開発計画の地図・場所

みなとみらい52街区の開発計画は、みなとみらい線新高島駅から徒歩数分の立地に開業予定です。

周辺にはコーエーテクモゲームスの本社であるKTビルが立地しており、みなとみらいエリアはコーエーテクモホールディングスの重要拠点となりそうです。

隣接地では超高層オフィス複合ビルや巨大音楽アリーナなどの開発計画が進行中で、企業のR&D拠点や本社などの立地も加速しています。

横浜市・みなとみらいの再開発情報・注目の計画

周辺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

みなとみらいの再開発情報

横浜駅周辺・ポートサイド地区の再開発情報

関内・馬車道・山下ふ頭の再開発情報

横浜市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

横浜の再開発情報

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。