横浜グランゲート(MM21-54街区プロジェクト)は2020年竣工!

(仮称)MM21-54街区プロジェクトについて

みなとみらい線新高島駅直上のみなとみらい54街区で計画されている「MM21-54街区プロジェクト」は、地上19階建て・高さ約100m、延床面積は10万平米超えの大規模超高層オフィスビルです。2020年の2月の竣工を予定しております。

新高島エリアの歩行者道線「キング軸」と、横浜駅とみなとみらいを結ぶメインの歩行者道線「グランモール軸」が交差する位置にあり、パースを見ると沿道沿いに店舗などが設けられ、プロムナードやペデストリアンデッキが整備される予定となっております。

完成予想イメージ

画像引用元:延床10万m2超の大規模賃貸オフィスビル建設に着手 ~(仮称)MM21-54街区プロジェクト~

計画概要

用途 オフィス・店舗・保育所・集会場等
延床面積 109,000㎡
階数 19階
高さ 約100m
完成予定時期 2020年2月

本格的なオフィス街に進化する新高島エリア

新高島エリアは大型のオフィスビルの計画、建設が相次いでいます。資生堂の研究開発施設、京急の本社ビル、LGの研究開発施設、村田製作所の研究開発施設、コーエーテクモの本社など多くの計画が進められており、2020年ごろには横浜でも屈指のオフィス街に変貌することが予想されます。

2018年1月の現場レポート

西側から撮影

巨大な円柱状の仮設の施設が設置されています。基礎部分の工事が大々的に進行中です。背後に見えるビル群を見て分かる通り、新高島周辺も施設の集積が進んでいましたが、駅直上のブロックは未開発でした。

北東側から撮影

南東側から撮影

左端に見える鉄骨は資生堂グローバルイノベーションセンターです。横浜三井ビルディングや日産グローバル本社ビル、富士ゼロックスR&Dスクエアなど巨大なオフィスビルが背後に立ち並んでいます。

南側から撮影

南側から撮影(現場に近づいて撮影)

新高島駅入口も仮囲いに大部分が覆われております。

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。