みなとみらい62街区にベルジャヤ等の高級ホテル・コンドミニアム・水族館が開業予定。フォーシーズンズホテルが候補に上がる。

投稿日時:2020.6.5.22:02 / 最終更新:2020.6.5.22:02

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による高級ホテル・コンドミニアム計画の完成予想図

画像引用元:みなとみらい21中央地区 62 街区の 事業予定者を決定しました

みなとみらい62街区の事業予定者が「ベルジャヤ」等に決定

事業者公募を行っていた、みなとみらい21地区の62街区の事業予定者が、「ベルジャヤ(Berjaya Corporation Berhad)」、「丸紅」、「大和ハウス工業」等からなる企業グループ「BMD62」に決定しました。

「ベルジャヤ(Berjaya Corporation Berhad)」はマレーシアに本社を置くコングロマリッド企業で、日本国内においても、大型の高級ホテルの開発・運営実績があります。

みなとみらい62街区に高級ホテル・コンドミニアム複合施設が誕生予定

みなとみらい62街区に建設される施設は、地上14階建ての高級ホテル、ホテルコンドミニアム、水族館、ホテル関係の付随施設(レストランや店舗、結婚式場、フィットネスクラブ等)からなる大規模な複合施設となります。

敷地面積は約22,188㎡とゆとりがあり、延床面積は約82,662㎡と大規模な施設となります。

水族館はデジタル技術も駆使した本格的な施設を予定

施設内には最新のデジタル技術を駆使した水族館が施設内に開業予定です。

水族館は大型のものであれば広く注目を集める第一目的地となり、みなとみらいの観光競争力を高める施設となりそうですね。

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による複合施設の完成予想図

屈折した板状のボリュームからなる高層ビルとなる予定で、ダイナミックで優雅な印象のリゾート感あふれる施設となりそうです。

低層階はアトリウムや広場が設けられ、運河沿いのためリゾート感を満喫できそうです。

みなとみらいの多くのビルと色調をあわせ、白を基調としたデザインとなる予定です。

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による高級ホテル・コンドミニアム計画の完成予想図

画像引用元:みなとみらい21中央地区 62 街区の 事業予定者を決定しました

ホテルブランドはフォーシーズンズが候補に上がる

ホテルブランドは国際級高級ホテルを想定しており、中でも大手インターナショナルホテルブランド「フォーシーズンズホテルズアンドリゾーツ」が第一候補として検討されています。

フォーシーズンズからすでにLOI(関心表明書)を取得しており、順調に進めば横浜市にさらなる高級ホテルが揃うこととなりそうです。

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による複合施設はいつオープン・開業?

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による複合施設は、2022年10月の着工、2026年3月の竣工を目指しています。

施設の全体開業は2026年春以降となりそうです。

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による複合施設の地図&場所はどこ?

みなとみらい62街区のベルジャヤ等による複合施設は、高島水際線公園とオーケーみなとみらい店(オーケー本社ビル)の間の、現在空き地となっているエリアに開業予定です。

みなとみらいのMICE・観光機能を強化する開発が相次ぐ

みなとみらい21地区の端に位置し、運河を望む位置にある62街区は、造成から長らく開発が行われず放置されている状態でした。

最寄り駅はみなとみらい線新高島駅ですが、徒歩ではやや距離があります。

2010年代に入ってから周辺エリアの開発や計画提案が急速に進み、リゾートトラストによる高級ホテル「カハラ」やMICE施設「パシフィコ横浜ノース」など、MICE施設や宿泊施設の開発が進んでいます。

近隣には大型のコンサートホールとホテル・オフィスからなる複合施設も計画されており、今後も観光・MICEといったリゾート領域の分野において開発が続くものと思われます。

横浜の再開発情報・注目の計画

周辺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

みなとみらいの再開発情報

横浜駅周辺・ポートサイド地区の再開発情報

関内・馬車道・山下ふ頭の再開発情報

横浜市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

横浜の再開発情報

神奈川・横浜の大型商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

神奈川・横浜の大型商業施設オープン予定

こちらも読まれています

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。