中野二丁目地区第一種市街地再開発事業の概要が明らかに!超高層ツインビルが中野駅南口に誕生!

最終更新:2018.12.29

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業について

中野駅の南口のロータリーの目の前で進行中の、超高層ツインビルを中心とした、「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の概要が明らかになりました。

「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」は住宅・オフィス・店舗などからなる複合再開発で、再開発に合わせて南口駅前ロータリーの拡張なども行われる予定です。

施設の規模

2棟合計の延べ床面積は約96,200㎡で、住宅棟は地上37階、高さ約145m、オフィス棟は地上20階、高さ約120mの規模となります。

北街区、南街区、西街区に分かれて開発が進行中です。

完成・開業時期

2022年12月の完成を予定しています。

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業の外観・内観イメージ

外観イメージ

外観はオフィス棟と住宅棟で色味を合わせており、暖色系のアクセントカラーが映えるデザインです。クールでありながら温かみのあるデザインだと思います。

画像引用元:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業の計画概要

用途 住宅・オフィス・店舗等
延床面積 約96,200㎡
階数 住宅棟37階、オフィス棟20階
高さ 住宅棟約145m、オフィス棟約120m
完成予定時期 2022年12月

場所・アクセス

「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」は、中野駅南口ロータリーの目の前南東側一帯で進行中です。

中野駅周辺は東京都心西部の一大拠点として再開発が進んでおり、大規模なオフィスビルやタワーマンション、大学キャンパスなどが集積しています。

東京23区の再開発情報

東京23区内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

周辺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

中野の再開発情報

新宿・西新宿・歌舞伎町の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。