明治安田生命新宿ビル等を建て替え。西新宿一丁目地区プロジェクトが動き出す。新宿駅前で新たな再開発。

投稿日時:2020.7.20.13:35 / 最終更新:2020.7.20.13:35

新宿駅西口側の駅前広場の将来イメージ

画像引用元:新宿区公式サイト

明治安田生命新宿ビルと周辺のビルを一体建て替え

明治安田生命保険により、モード学園コクーンタワーに隣接し、新宿駅西口ロータリー前に立地する明治安田生命新宿ビルや周辺のビルを一体的に建て替える再開発計画「西新宿一丁目地区プロジェクト」の概要が明らかになりました。

延床面積は約97,000㎡を予定しており、高さ約130m、地上23階建ての規模となります。

「西新宿一丁目地区プロジェクト」はいつ完成?事業スケジュールは?

明治安田生命保険による西新宿一丁目地区プロジェクトは、2021年4月の着工、2025年の完成を目指して事業が進められます。

「西新宿一丁目地区プロジェクト」の完成予想図イメージ

西新宿一丁目地区プロジェクトの完成予想図イメージは、以下の日刊建設工業新聞の記事により公開されています。

明治安田生命/東京・西新宿に延べ9・7万平米超高層ビル、21年4月の着工めざす

外観は暖色系のPCカーテンウォールを外装に使用した、重厚で風格あるデザインとなる予定です。

低層部にはオープンスペースや植栽を配置し、ゆとりある駅前空間を生み出します。

路面店も設置され、まちなかの賑わい・歩行者空間を演出します。

新宿駅周辺では再開発計画が次々動き出す

新宿駅西口エリアでは、新宿グランドターミナル構想に基づき、小田急百貨店新宿店や新宿ミロードを建て替えて、新宿エリア最高層の高さ約260mの商業・オフィスを中心とした超高層ビルを建設する計画が動き出します。

小田急百貨店新宿店を建て替え再開発。高さ約260m、新宿ミロードも建て替えへ。新宿駅西口地区開発計画

その他にヨドバシカメラによる店舗再整備・再開発ビル建設構想がある他、新宿駅東口でもルミネエスト新宿をJR等により建て替え、高さ約260mの超高層ビルとする構想も存在し、新宿駅周辺の町並みが今後大きく変貌しそうです。

新宿駅西口広場の将来イメージ図

新宿駅西口広場は地下のロータリーを廃止し、大規模な複数階層にまたがる歩行者空間が生まれる予定となっており、現在の構成から抜本的に改造が行われます。

新宿スバルビル跡地を活用して地上部に新たなロータリーが設置される予定となっています。

新宿駅西口側の駅前広場の将来イメージ

画像引用元:新宿区公式サイト

新宿周辺エリア・東京23区の再開発情報

周辺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

新宿・西新宿・歌舞伎町の再開発情報

東京23区内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

東京の大型商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

東京23区・東京都下の大型商業施設オープン予定

こちらも読まれています

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。