小田急百貨店新宿店を建て替え再開発。高さ約260m、新宿ミロードも建て替えへ。新宿駅西口地区開発計画

投稿日時:2020.7.19.15:04 / 最終更新:2020.7.21.03:24

小田急百貨店新宿店・新宿ミロードを高さ約260mの超高層ビルへ建て替えへ

小田急電鉄と東京地下鉄がJR新宿駅西口の、小田急百貨店・新宿ミロードなどの敷地を活用して、高さ約260mの超高層ビルに建て替える「新宿駅西口地区開発計画」が明らかになりました。

建物の規模は地上48階建て、高さ約260m、延床面積約281,700㎡の巨大超高層ビルとなります。

関連記事:ルミネエスト新宿も将来的に建て替え再開発へ。高さ約260mで構想。小田急と並んでツインタワーを目指す。

高さ約260mは新宿エリアではシンボル的存在となっている東京都庁舎本庁舎などを上回り、航空法に基づく高さ制限に迫る最高層となります。

主な用途は商業施設・オフィス・駅施設となり、低層部に商業施設と駅施設、中〜高層部がオフィスとなるものと思われます。

新宿グランドターミナルの中核をなす大規模な再開発が行われる

新宿エリアでは、JR新宿駅と周辺交通広場、駅ビルなどを段階的に建て替えて、ゆとりある公共空間と優良な都市空間を創造する構想「新宿グランドターミナル」が実現に向けて動き出しています。

関連記事:新宿駅の再開発!「新宿の拠点再整備方針(案)」が公表!「新宿グランドターミナル」整備へ前進

小田急百貨店新宿店・新宿ミロードの建て替えは、新宿グランドターミナル西口側の中核となる再開発となると思われます。

2029年度完成予定、複数の工区に分割して再開発か?

再開発スケジュールは2022年度の着工、2029年度の完成を目指しており、工期は7年に及ぶ長期間となります。

商業施設が休館になる時期をなくすために、小田急百貨店新宿店と新宿ミロードをそれぞれ建て替えるなど、段階的に建て替えが行われる可能性も考えられます。

新宿駅西口広場も大規模改造へ

2020年7月19日に、新宿駅の東西を直結する自由通路が開通します。

小田急百貨店新宿店・新宿ミロードの建て替えに合わせて、新宿駅西口広場も、歩行者の滞留空間を大幅に増やす形で大規模に再整備が行われる予定です。

新宿スバルビル跡地を活用する形で、交通ロータリーが新設され、既存の地下ロータリー周辺は大規模な歩行者空間となる予定です。

複数の階層にまたがるターミナル駅前の大規模な歩行者空間は国内最大級の規模と見られ、新宿の活動人口に見合った環境が整うものと思われます。

新宿駅西口側の駅前広場の将来イメージ

画像引用元:新宿区公式サイト

新宿駅西口周辺ではヨドバシカメラによる店舗再整備・再開発ビル建設構想がある他、京王新宿駅・京王百貨店なども連動して再開発が行われる可能性があります。

新宿周辺エリア・東京23区の再開発情報

周辺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

新宿・西新宿・歌舞伎町の再開発情報

東京23区内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

東京の大型商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

東京23区・東京都下の大型商業施設オープン予定

こちらも読まれています

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。