沖縄瀬底プロジェクトは2020〜2021年にかけて開業!ヒルトンによるホテル・タイムシェア・リゾートが誕生!

投稿日時:2018.7.7.15:51
最終更新:2019.1.3.19:55

沖縄瀬底プロジェクトについて

沖縄瀬底プロジェクトは、沖縄県国頭郡本部町の瀬底島の「瀬底ビーチ」の目の前に整備予定の沖縄最大級のリゾート施設プロジェクトです。

瀬底島は沖縄本島と瀬底大橋を介してつながっている島で、沖縄本島の中部、名護市から西に15kmほどの位置にあります。

瀬底ビーチは美しいサンセットビューと国内屈指の透明度で知られる全長800mのビーチです。

沖縄瀬底プロジェクト計画地周辺には沖縄美ら海水族館や、世界遺産の今帰仁城址があり、大型クルーズ船に対応した旅客施設の整備が予定されている本部港にも近く、観光ポテンシャルの高い立地です。

計画地は別のリゾート施設が建設中でしたが、リーマンショックの余波を受けて経営会社が倒産し、建設中のまま廃墟となっていました。当計画によって廃墟状態が解消されるので観光に好影響がありそうです。

施設の規模

沖縄瀬底プロジェクトは、延べ床面積約21,000㎡のホテル棟と、延べ床面積約15,000㎡のタイムシェア・リゾート棟の2棟からなります。

ホテル棟は地上9階、約300室の規模、タイムシェア・リゾート棟は、地上10階、132室の規模となる予定です。

ホテル棟は国際的に有名なヒルトンが運営し、タイムシェア・リゾート棟はヒルトン・グランド・バケーションズが運営し、いずれもヒルトングループの運営となります。

ホテル棟、タイムシェア・リゾート棟共に全室オーシャンビューで、美しいサンセットを眺めることができます。

 ホテルには 2 つのレストランとラウンジ、バー、チャペル、会議室、スパ、フィットネス施設、ビーチハウスなどが整備される予定です。

完成・開業時期

ホテル棟は2020年開業、タイムシェア・リゾート棟は2021年の開業を予定しています。

沖縄瀬底プロジェクトの外観・内観イメージ

ホテル棟外観イメージ

全面に大きな池があり、純白のリゾートホテルとなりそうです。全室オーシャンビューのため、反対側には客室はありません。

画像引用元:『(仮称)沖縄瀬底プロジェクト』の着工を発表

タイムシェア・リゾート棟外観イメージ

タイムシェア・リゾート棟も全室オーシャンビューで、純白のリゾート施設となりそうです。

画像引用元:『(仮称)沖縄瀬底プロジェクト』の着工を発表

沖縄瀬底プロジェクトの計画概要

用途 ホテル・タイムシェア・リゾート等
延床面積 約36,000㎡(ホテル棟・タイムシェア・リゾート棟合計)
階数 ホテル棟9階・タイムシェア・リゾート棟10階
高さ 調査中
完成予定時期 ホテル棟2020年、タイムシェア・リゾート棟2021年

場所・アクセス

沖縄瀬底プロジェクトは、屈指の透明度を誇る瀬底ビーチに面した敷地で建設中です。

瀬底島は島中央部に集落があり、周辺部は畑や林などが広がる、のどかな島です。

沖縄本島とは瀬底大橋を介してつながっているので、交通の利便性は高いです。

沖縄県の再開発情報

沖縄県内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

沖縄の再開発情報

沖縄本島南部の浦添市で、沖縄県最大の商業施設が計画されています。

沖縄・浦添西海岸計画(サンエーパルコ)は2019年夏開業!沖縄県最大の商業施設が誕生!

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Share

このページを共有

Follow

購読する

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。