OMO7大阪新今宮は2022年4月開業!意味や読み方は?星野リゾートによる都市型観光ホテルの名称決定

投稿日時:2019.5.29.12:22 / 最終更新:2019.5.29.12:24

画像引用元:大阪府・大阪市浪速区 「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」着工のお知らせ 着工日:2019年6月1日

星野リゾートによる都市型ホテル「OMO7大阪新今宮」着工!

星野リゾートは、大阪市浪速区新今宮駅前で開発中の施設名を、「星野リゾートOMO7大阪新今宮」に決定しました。また、2019年6月1日に着工を予定しています。

ホテルのランクとしては、ビジネスホテル寄りのやや上級ランクを想定しており、大阪市南部の繁華街や観光地に近い立地を活かした、観光やビジネスに活発に利用される大規模ホテルとなりそうです。

星野リゾートは東京丸の内にも塔状の温泉旅館「界」を開業させており、都心進出が加速してきています。

OMO7大阪新今宮は、関西国際空港からのアクセスの良い、南海電鉄・JR新今宮駅に隣接し、大阪独自の文化と雰囲気を持つ人気の観光地、新世界エリアにも隣接しています。

OMO7大阪新今宮は、大阪およびその周辺を観光する旅行客が、大阪での滞在をより楽しむための都市観光ホテルとして展開される予定です。

OMO7大阪新今宮開業で、新今宮にガーデンエリアが誕生!

OMO大阪新今宮は、新今宮エリアの新たなランドマークとなりそうですが、約14,000㎡の広大な敷地を活かし、旅行客にも地域の方に向けても開かれた、広大なオープンスペースを整備する予定です。

オープンスペースは緑化されており、ヒューマンスケールの小さな建物が散りばめられたデザインで、規則的なデザインではなく、親しみやすい柔らかな、大阪新今宮らしさを活かしたデザインとなっています。

旅行客もホテル自体をじっくりと楽しみ、旅のテンションを上げることができ、地域の方にとっても嬉しい施設となりそうです。

OMO7大阪新今宮のイメージコンセプト画像

画像引用元:大阪府・大阪市浪速区 「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」着工のお知らせ 着工日:2019年6月1日

「OMO7」の意味や読み方、コンセプトは?

OMOのコンセプト

「OMO」は星のや、リゾナーレ、界に続く星野リゾートの第4のブランドで、「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をコンセプトに、2018年4月にOMO7旭川(北海道・旭川)、2018年5月にOMO5東京大塚(東京・大塚)の2施設を開業しており、OMO7大阪新今宮は、OMOブランド3施設目となります。

OMOの読み方

「OMO」は「おも」と読み、「OMO7大阪新今宮」の読みは「おもせぶんおおさかしんいまみや」となります。

OMOの意味

そして気になる意味なのですが、旅行情報サイトトラベルWatchに掲載されている星野リゾート関連の記事によると、意味・名前の由来は、星野リゾート社長自ら「星野リゾート社員の誰に聞いても分からない」と明言しており、謎に包まれています。

ただ、日本人にも外国人にも読みやすく覚えやすいという理由もあり「OMO」というブランド名担ったようです。

以下、トラベルWatchより抜粋引用

”「OMO」という名前の由来については、大量の候補のなかから絞り込まれたが、その大量の候補にどういった経緯でOMOが入ったのか「社員の誰に聞いても分からない」そうだが、星野氏は日本人も海外の人も簡単に読めて覚えやすい名前であり、かつ商標を取得できるものをと社内では明言していたという。”

トラベルWatchより引用

OMO7とOMO5の違い

既存の開業済みのホテルとして、OMO5東京大塚がありますが、対して新今宮にできるホテル名は「OMO7大阪新今宮」となっています。

このOMOのあとに続く数字は何なのでしょうか?

OMOの後に続く数字は、提供できるサービスの幅を表しているようで、数字が大きいほうが提供できるサービスが幅広いようです。

星野リゾート OMOって?「OMO7 旭川」5つの魅力

OMOブランド公式サイト

OMO7大阪新今宮では「Go-KINJO」サービスも展開

OMO7大阪新今宮では、「Go-KINJO」という独自のサービスも提供します。

OMOではホテルを中心としたまち全体を一つのリゾートとして捉えて、ゲストにはホテルにこもらずにどんどんまちにでかけてほしいと考えています。

「Go-KINJO」は、ホテルから徒歩圏内の「街」を深く知り、エキサイティングなモノに触れ、街に溶け込むことをサポートするサービスで、OMOスタッフの街歩きのこだわりが詰まった「ご近所マップ」と、ガイドブックでは知り得ないスポットや地元の人に愛されるお店を、まるで親しい友人がお連れするようなフランクな感覚で、観光客も楽しむことができるようになっています。

画像引用元:大阪府・大阪市浪速区 「星野リゾート OMO7 大阪新今宮」着工のお知らせ 着工日:2019年6月1日

OMO7大阪新今宮の外観イメージ

外観イメージ

プロポーザル選定時に発表された外観イメージ図です。現在の計画では大幅に変更になっている可能性があります。

低層部は丘陵状に緑化され、大規模な広場空間が誕生します。ホテル部分は比較的スリムな外観で、積極的な緑化が行われます。

画像引用元:大阪市新今宮駅前の都市観光ホテルの開発計画について

OMO7大阪新今宮の計画概要

施設名称:星野リゾート OMO7 大阪新今宮

客 室 数 :436室

敷地面積:13,907.34平米

延床面積:36,922.06平米

階  数:地上14階

設 計 者 :株式会社日本設計、東 環境・建築研究所、オンサイト計画設計事務所

               岩田 尚樹建築研究所

施 工 者 :竹中工務店・南海辰村建設共同企業体

着  工:2019年6月1日

竣  工:2021年11月(予定)

開  業:2022年4月(予定)

所 在 地 :大阪市浪速区恵美須西3丁目38番2

施設概要:客室(個性的な7タイプ)、パブリックスペース(レストラン、カフェテリア、

               ショップ、ガーデンエリア、温浴棟)

宿泊料金:未定

OMO7大阪新今宮の場所・アクセス

OMO7大阪新今宮は新今宮駅の北側一帯の空き地に建設されます。

通天閣や天王寺動物園、あべのハルカスや、外国人観光客に人気の高い大阪の繁華街ミナミにも好アクセスの観光拠点として最適な立地だと思います。

複数の路線が使用でき、駅前立地なので鉄道でのアクセス性に優れています。

大阪の再開発情報

大阪市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

大阪の再開発情報

うめきた2期をはじめ、梅田中之島エリアは再開発ラッシュです。

梅田・中之島周辺の再開発情報

周辺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

難波・心斎橋の再開発情報

天王寺・阿倍野橋・新今宮の再開発情報

なにわ筋線計画が2031年開業目指して進行中です。

なにわ筋線のルートと途中駅・乗り入れ鉄道会社まとめ。大阪の交通事情が一変する可能性。

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ