大阪府吹田市の万博記念公園に大規模アリーナが計画。いつオープン?場所はどこ?ららぽーとエキスポシティ隣接地、再開発でホテルや商業施設と複合

投稿日時:2019.9.18.17:53 / 最終更新:2019.9.18.18:15

大阪府吹田市の万博記念公園に大型アリーナが計画

大阪府の発表・各社報道によると、大阪府吹田市の万博記念公園内に、15000人以上収容の大型アリーナを計画していることが明らかになりました。

計画では、民間企業が建設・運営する、「民設民営方式」が考えられており、吉村洋文大阪府知事によると、「世界規模のスポーツ大会やコンサートができる施設にしたい」と話しており、大規模で本格的なアリーナ施設が誕生する見込みです。

大型アリーナはスポーツのほかに、大型ライブ会場としても活用される見込みで、関西の新たな大型ライブ会場の一つとして人気を集めそうです。

万博記念公園大型アリーナの計画場所はどこ?ららぽーとエキスポシティに隣接

万博記念公園に建設予定の大型アリーナの計画場所は、万博記念公園の南側エリア、大阪モノレール「万博記念公園駅」の南側、大型商業施設「ららぽーとエキスポシティ」の西側一帯の、現在駐車場などとして活用されているエリアに建設が予定されています。

ホテル阪急エキスポパークも2020年2月に閉館し、大型アリーナ施設の敷地として活用される見込みです。

周辺には大型商業施設「ららぽーとエキスポシティ」や大型観覧車「オオサカホイール」や、太陽の塔のある万博記念公園、国立民族学博物館やパナソニックスタジアム吹田など、大型の集客施設が集積しています。

大規模アリーナの建設により、吹田市の万博記念公園エリアが更に盛り上がり、集客力を高めそうです。

万博記念公園大型アリーナの交通アクセス

鉄道でのアクセスは、万博記念公園直結のため良好です。

車でのアクセスは、複数の高速道路が連結する吹田ジャンクションの近隣に位置し、吹田ICや中国吹田ICなどで高速道路からもスムーズにアクセス可能となっています。

万博記念公園大型アリーナはいつオープン?

万博記念公園に計画されている大型アリーナは、2025年の大阪市夢洲で開催予定の大阪万博までに完成・オープンを目指していることが明らかになっています。

知事の記者会見では、横浜市にある大型アリーナ「横浜アリーナ」を超える規模を想定していることを明らかにしており、首都圏に集中しがちな大型イベントが、関西で開催しやすくなる見込みです。

事業スケジュール

2020年春の事業者選定後、設計や建設作業を行い、2025年の大阪万博前のアリーナのオープンを目指す方針です。

民設民営でホテルや商業施設と複合した施設を想定

大規模アリーナ単体で民間企業が採算を満たすことは難しいため、大型ホテルや大型商業施設・ショッピングモールと一体となった複合施設の進出が想定されています。

ららぽーとエキスポシティに続く、新たな広域集客型の大型ショッピング施設が誕生する可能性があります。

周辺の再開発情報

千里中央の再開発情報

千里丘駅西地区市街地再開発事業は32階建てタワーマンション、商業施設等2028年度頃完成へ

大阪の再開発情報・注目の計画

大阪府下の再開発情報・注目の計画は、下記のページにまとめてあります。

大阪府下の再開発情報・注目の計画一覧

大阪市内の再開発情報・注目の計画は、下記のページにまとめてあります。

大阪の再開発情報・注目の計画一覧

大阪府内の商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

大阪の大型商業施設オープン予定

うめきた2期をはじめ、梅田中之島エリアは再開発ラッシュです。

梅田・中之島周辺の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。