品川新駅周辺再開発(品川開発プロジェクト)近未来的な超高層ビル街と広場が誕生!

最終更新:2018.09.30

品川新駅周辺再開発(品川開発プロジェクト)について

品川開発プロジェクトは、JR品川車両基地の跡地をJRが再開発するプロジェクトで、1期では、4棟の巨大超高層ビルと1棟の大型低層ビル計5棟が建設される予定となっています。

2期以降の開発も構想されており、品川〜泉岳寺エリアが急速に賑やかに発展し、東京有数のオフィス・商業施設、高層ビル集積地に進化しそうです。

品川新駅の設置計画も進行中で、駅と再開発ビルがセットで計画されています。

施設の規模

5棟の施設全体の敷地面積は約72,000㎡、延べ床面積は約851,000㎡と途方もないスケールの規模となり、東京都心でも最大級の再開発計画です。

高層棟はそれぞれ地上30階〜45階の規模となります。

完成・開業時期

すべての施設が一斉に2024年度の完成を予定しています。地域に与えるインパクトはとても大きそうです。

外観・内観イメージ

外観イメージ

超高層棟は幅のある巨大な建物となりそうですが、分節されたボリュームや風の道を確保することで、規模に比べて圧迫感を感じにくい設計となっています。

曲線が多用されており、なんとなく日比谷にオープンした東京ミッドタウン日比谷のデザインに近いと思いました。

画像引用元:品川開発プロジェクト(第Ⅰ期)に係る都市計画について

品川新駅前の広場と再開発ビル低層部のイメージ

山手線、京浜東北線の新駅である品川新駅の前は広大な歩行者広場が設けられ、商業施設などの賑わいの空間が創出されそうです。

デッキや植栽がいたるところに伸びた、近未来的で歩行者ファーストな空間となりそうです。

画像引用元:品川開発プロジェクト(第Ⅰ期)に係る都市計画について

品川新駅前の広場と再開発ビルの低層部のイメージ②

低層部も曲線を多用したデザインで、ヒューマンスケールの居心地の良い空間が生まれそうです。

日本の駅前には広大な歩行者広場のある駅が少なく、品川新駅は未来の日本の駅前空間のモデルケースとなりそうです。

画像引用元:品川開発プロジェクト(第Ⅰ期)に係る都市計画について

再開発ビル低層部イメージ

画像引用元:品川開発プロジェクト(第Ⅰ期)に係る都市計画について

品川新駅周辺再開発(品川開発プロジェクト)の計画概要

用途 オフィス、商業施設、ホテル、住宅、コンベンション施設、ビジネス支援施設、生活支援施設、文化想像施設、教育施設等
延床面積 約851,000㎡(施設全体)
階数 1街区45階、2街区6階、3街区31階、4街区30階
高さ 1街区173m、2街区45m、3街区167m、4街区164m
完成予定時期 2024年度

場所・アクセス

品川開発プロジェクト1期(品川新駅周辺再開発)は、泉岳寺駅の東側一帯に広がる、JR品川車両基地の跡地で進行中です。

泉岳寺駅の南東側には、JR山手線、京浜東北線品川新駅の設置計画が進められており、JRを始めとし、地下鉄や京急からのアクセスも良好です。

品川開発プロジェクト1期により、品川駅北側が一気に発展しそうですね。

東京23区の再開発情報

東京23区内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

品川・泉岳寺エリアの再開発情報は下記のページにまとめてあります。

品川・泉岳寺の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。