草加松原団地近隣型商業施設街区はいつオープン?獨協大学前の東武鉄道によるショッピングモールのテナント店舗は?

草加松原団地近隣型商業施設街区の完成予想図

画像引用元:東武鉄道の草加松原団地近隣型商業施設街区に関するニュースリリース

草加松原団地近隣型商業施設街区について

東武鉄道のニュースリリースによると、東武鉄道は、獨協大学前駅周辺エリアにおいて、都市再生機構が所有する「草加松原団地近隣型商業施設街区」における土地賃借事業者に選定されたことが発表されました。

獨協大学近くに近隣型のショッピングセンターが誕生する見込みです。

施設の規模

敷地面積約12,243㎡、延床面積約11,000㎡、地上2階建ての規模となる予定です。

この記事の情報源

東武鉄道の草加松原団地近隣型商業施設街区に関するニュースリリースを元に作成

草加松原団地近隣型商業施設街区のオープン開業時期

草加松原団地近隣型商業施設街区は、2022年度のオープン開業を予定しています。

草加松原団地近隣型商業施設街区の入居テナント店舗

草加松原団地近隣型商業施設街区の入居テナントは、現在判明していません。

物販店舗(生鮮三品他)、飲食店舗、サービス店舗などの入居が予定されており、生活密着型のスーパーマーケットやレストランなどが入居しそうです。

草加市周辺のバイト求人はここでも探せる

周辺のオープニングスタッフを検索

施設周辺のオープニングスタッフのバイト求人募集を検索

<タウンワーク>草加市のオープニングスタッフのバイト求人検索結果

<フロム・エーナビ>草加市のオープニングスタッフのバイト求人検索結果

タウンワーク

<タウンワーク>草加市のアルバイト・パート求人情報一覧

草加松原団地近隣型商業施設街区の完成予想図

商業施設の外観は、白を基調としたガラス張りのおしゃれなデザインの建物となりそうです。

屋上にはカラフルな緑化がなされ、アクセントとなりそうです。

駐車場部分も部分的に緑化され、緑の多い商業施設となりそうです。

草加松原団地近隣型商業施設街区の完成予想図

画像引用元:東武鉄道の草加松原団地近隣型商業施設街区に関するニュースリリース

草加松原団地近隣型商業施設街区の計画概要

用途 商業施設等
敷地面積 約12,243㎡
延床面積 約11,000㎡
階数 2階建て
オープン開業時期 2022年度

草加松原団地近隣型商業施設街区の場所・住所・アクセス

草加松原団地近隣型商業施設街区は、埼玉県草加市松原三丁目1638番11に開業予定です。

車でのアクセスは、近隣を国道4号線が通っているため良好です。

鉄道でのアクセスは、獨協大学前駅から約1kmの距離でアクセスが可能です。

周辺にはスーパーマーケットの「ベルクス」や、ドラッグストアの「ウエルシア」、家電量販店の「ジョーシン」などがあります。

※松原団地記念公園の西隣にオープン予定です。

埼玉の再開発情報・注目の計画

埼玉県内の再開発情報・注目の計画は以下のページにまとめてあります。

埼玉の再開発情報・注目の計画一覧

埼玉県内の商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

埼玉の大型商業施設オープン予定

こちらも読まれています

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。