豊洲4-2 街区開発計画の完成予想図

画像引用元:「(仮称)豊洲 4-2 街区開発計画」始動

豊洲4-2街区開発計画は2025年春完成。三菱地所&IHIによる大規模再開発

ららぽーと豊洲隣接地で大規模再開発計画

豊洲エリアの大型ショッピングモール「アーバンドックららぽーと豊洲」に隣接する街区で、三菱地所とIHIによる大規模な再開発計画「豊洲4-2街区開発計画」が明らかになりました。

オフィスを中心とした2棟の大型ビルからなる再開発施設となる予定で、街区面積は約19,493㎡と大型の街区となります。

周辺には大型オフィスビルや商業施設が林立しており、豊洲エリアの副都心的性格が高まりそうです。

この記事の情報源

「(仮称)豊洲 4-2 街区開発計画」始動

「豊洲4-2街区開発計画」はいつオープン開業?

豊洲4-2街区開発計画は、2022年春の着工、2025年春の竣工、2025年春以降のオープン・開業を予定しています。

「豊洲4-2街区開発計画」の完成予想図イメージ

豊洲4-2街区開発計画の完成予想図イメージは、どっしりとした重量感のある重厚なデザインの外観となっています。

周辺にもキューブ状の大型高層ビルが複数棟建っているので、フロアプレートが広大で効率的かつ、統一感のある町並みが形成されそうです。

複合施設内には「シェア企業寮」や「インキュベーションオフィス」も設けられ、スタートアップ企業の立地・活動促進を狙います。

豊洲4-2 街区開発計画の完成予想図

画像引用元:「(仮称)豊洲 4-2 街区開発計画」始動

「豊洲4-2街区開発計画」の計画概要

用途 オフィス・店舗・インキュベーションオフィス・シェア企業寮等
街区面積 約19,493㎡
階数 未発表(完成予想図からは最大で20階程度)
延床面積 未発表
オープン開業時期 2022年春の着工、2025年春の竣工

「豊洲4-2街区開発計画」の場所・地図

豊洲4-2街区開発計画は、現在アニヴェルセル豊洲や、トーヨータイヤ豊洲ドームなどがある一帯を再開発し、建設される予定となっています。

周辺は高度利用が完了した建物が林立しており、残り少ないパズルを埋めるような形で、大規模開発が行われます。

東京23区や豊洲の再開発情報・注目の計画

東京23区内の再開発情報は以下のページにまとめてあります。

東京23区の再開発情報

豊洲の再開発マップ、再開発情報は以下の記事にまとめてあります。

豊洲の再開発情報

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。