大阪淀屋橋にツインビル(タワー)を建設する計画が明らかに。再開発し高さ150m、135mの高層ビルを建設

投稿日時:2019.5.31.01:02 / 最終更新:2019.7.24.11:23

淀屋橋に超高層ツインビル計画が明らかに

京阪本線や御堂筋線「淀屋橋駅」の目の前の「淀屋橋交差点」周辺のブロックで、御堂筋の東西にそれぞれ1棟ずつ、2棟の超高層複合ビルを建設する計画が明らかになりました。

西側の棟は高さ約150m、延べ床面積13万㎡、東側の棟は高さ約135m、延べ床面積約73,600㎡となり、どちらも地上28階建てとなります。

2024年〜2025年ごろの完成を目指しており、御堂筋の高層化が進み都市景観が大きく変わりそうです。

また、中之島エリアに面した北側には広場も設けられる予定で、賑わいが演出されそうです。

淀屋橋駅東地区都市再生事業は2025年竣工目指す。再開発で御堂筋活性化へ

淀屋橋のツインビルはデザインを共通化しシンボル性を高める

2棟はデザインなどの共通化を図り、異なる地権者ですが一体的な施設として、ランドマーク性の高い建物になる予定です。

どちらもオフィス中心に低層階に店舗などが入居する複合ビルとなり、大阪市中心部の淀屋橋や中之島エリアのビジネス活性化につながりそうです。

淀屋橋のツインビル計画の場所はここ

淀屋橋のツインビル計画は、御堂筋と土佐堀通がクロスする「淀屋橋交差点」の南西と南東の一帯で計画されています。

大阪の代表的なメインストリート御堂筋沿いに位置し、中之島エリアの入り口に位置するため、再開発は大きなインパクトを与えそうです。

ツインビルはオフィス主体の超高層ビルとなる予定ですが、淀屋橋駅直結かつ周辺は高層オフィスビルが立ち並んでおり、ビジネスを行う上での利便性は高そうです。

淀屋橋エリアでは再開発計画が活発化

淀屋橋周辺エリアでは、複数の再開発が進行で、高層化が進んでいます。

本町・肥後橋・淀屋橋・北浜の再開発情報

日本生命淀屋橋ビル建替計画が進行中です。

日本生命淀屋橋ビル建替計画(再開発)は2022年10月竣工!高さ123mの超高層オフィスビル計画が明らかに

大阪の再開発情報

大阪市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

大阪の再開発情報

うめきた2期をはじめ、梅田中之島エリアは再開発ラッシュです。

梅田・中之島周辺の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。