ゆりまち袖ヶ浦駅前モールは2019年6月末頃開業!新昭和が袖ヶ浦駅北口を再開発

最終更新:2018.12.29

ゆりまち袖ヶ浦駅前モールについて

ゆりまち袖ヶ浦駅前モールは、株式会社新昭和により進行中の大型商業施設計画です。その名の通り、袖ヶ浦駅の駅前に位置し、交通が便利なショッピングモールとなりそうです。

周辺には住宅が広がっており、海沿いには大規模な工場が立ち並ぶ工業地帯が広がっています。

施設の規模

敷地面積は約34,089㎡、延べ床面積約13,600㎡、地上2階建ての規模となります。敷地面積に対して延べ床面積の小さい、ゆったりとした配棟の商業施設となりそうです。

完成・開業時期

2019年6月末頃の開業を予定しています。

ゆりまち袖ヶ浦駅前モールの外観・内観イメージ

外観イメージ

広い敷地の中に広大な平面駐車場、6棟の建物がゆったりと立ち並ぶ郊外型の商業施設となりそうです。建物ごとにデザインが異なるため、一つの街が出現したかのようになりそうです。

画像引用元:新昭和が千葉県袖ケ浦市に新たな商業施設「ゆりまち袖ケ浦駅前モール」プロジェクトを着工

ゆりまち袖ヶ浦駅前モールの計画概要

用途 商業施設等
延床面積 約13,600㎡
階数 2階
高さ 調査中
完成予定時期 2019年6月末頃

場所・アクセス

ゆりまち袖ヶ浦駅前モール袖ヶ浦駅北口のロータリーの北西側一帯に整備されます。袖ヶ浦駅の駅前に位置するので、通勤通学時などに利用しやすい立地ですね。

近隣を国道16号線が通っており、広大な駐車場が整備予定なので、車でのアクセスも良好です。

出店予定のテナント・店舗

核テナントとして、スーパーマーケットの「せんどう」が開店予定です。

その他に、ドラッグストアや温浴施設(スーパー銭湯)、飲食店、美容室、音楽教室、学習塾、スイミングスクール、スポーツクラブなどがオープンする予定となっていますが、具体的な店舗名などは明らかになっていません。

合計で20テナント程度が開業予定となっています。

詳細は分かり次第こちらに追記予定です。

千葉の再開発情報

千葉県内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

千葉の再開発情報

千葉市中心部の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

千葉市中心部の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。