【2018年版】エックスサーバー(Xserver)とヘテムル(heteml)を徹底比較!

投稿日時:2018.9.16.16:15
最終更新:2018.11.27.18:00

エックスサーバーヘテムル、どちらも有名レンタルサーバー会社が運営する、Webデザイナーやクリエイターから一般ユーザー、個人ユーザー、アフィリエイターにも人気のレンタルサーバーですが、2018年の情報で徹底比較してみました。

エックスサーバー(Xserver)について

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が運営する人気のレンタルサーバーです。運用サイト数は160万件を突破しており(2018年11月現在※スクリーンショットは過去のもの)、信頼性と安定性が魅力のレンタルサーバーです。

ここでは多くのユーザーにとって必要十分な、一番安い月額900円〜使用可能なプラン「X10プラン」を対象に比較を行います。

エックスサーバー(Xserver)のプランを徹底比較!おすすめのプランは?変更はできる?

エックスサーバーは10日間無料お試しがついてくる。

エックスサーバーには申込から10日間無料でお試しができるため、ノーリスクで導入ができます。無料お試し期間中にサーバーが問題なく使えるかどうか?必要な機能はあるかどうか?等を試せばいいので、気に入らなかったら無料お試し期間中に解約すればお金は一切かかりません。

エックスサーバーの公式サイトはこちらから

http://www.xserver.ne.jp/

ヘテムル(heteml)について

ヘテムルは、ロリポップ!など有名レンタルサーバーを運営するGMOペパボ株式会社が運営する、クリエイター向けを謳ったハイスペックなレンタルサーバーです。

こちらも国内最大級の耐災害性に優れた最新鋭のデータセンターを運用しており、信頼性、安定性に優れたレンタルサーバーです。

ココでは多くのユーザーにとって必要十分な、一番安い月額800円〜使用可能なプラン「ベーシックプラン」を対象に比較を行います。

ヘテムルは15日間無料お試しがついてくる。

ヘテムルは15日間の無料お試しがついてくるため、必要な機能が揃っているか、必要な性能を満たしているか、思う存分試した上で、納得してから契約することが可能です。

ヘテムルの公式サイトはこちら

ヘテムル

初期費用と月額料金を比較

エックスサーバーとヘテムルの料金をまずは比較してみました。

エックスサーバー ヘテムル
初期費用 3,000円 2,000円

初期費用はエックスサーバーが3,000円、ヘテムルが2,000円となっております。ヘテムルのほうがやや低価格ですね。

月額費用 エックスサーバー ヘテムル
3ヶ月契約 1,200円 1,100円
1年契約 1,000円 900円
3年契約 900円 800円

一ヶ月あたりの利用料金は3年契約でエックスサーバーが900円〜、ヘテムルが800円〜となっていますが、3年一括払いをした場合の価格なので、支払いができる方は限られると思います。

一番短い3ヶ月契約で見るとエックスサーバーが1,200円、ヘテムルは1,100円、1年契約で見るとエックスサーバーは900円、ヘテムルは800円と、月額料金もややヘテムルのほうが安くなっています。

初期費用、月額費用ともにヘテムルの方が安いですが、エックスサーバーはキャンペーンを行っていることが多く、私が訪問した時は初期費用が1,500円になり、月額費用も割引されるキャンペーンを実施中でした。

レンタルサーバー容量の比較

エックスサーバー ヘテムル
容量 200GB 200GB
ディスク SSD SSD

エックスサーバー、ヘテムルともにオールSSDを採用し、WordPressなどのサイトが高速動作します。レンタルサーバー容量もエックスサーバーのX10プランとヘテムルのベーシックプランでは差がなく、この項目では差異が見当たりませんでした。

データベース使用可能数の比較

エックスサーバー ヘテムル
データベース数 50個 70個

データベースはWordPressサイト1つにつき、通常1つ使います。

エックスサーバーは50個(50サイトまで)、ヘテムルは70個(70サイトまで)と、通常の企業や個人の利用では使い切れない数ですが、ヘテムルのほうが上限が高いです。

アフィリエイトサイトを多数立ち上げたい場合など、多くのサイトを立ち上げる使い方をする場合には、ヘテムルを選ぶと良いかもしれません。

転送量の比較

エックスサーバー ヘテムル
転送量 70GB/日 80GB/日
許容PV数 35,000PV/日 40,000PV/日

※許容PV数は1PVあたりデータ通信量2MB消費する場合の推計値

データ転送量は大規模で人気なウェブサイトを運営する際に気になる項目です。

エックスサーバー、ヘテムルともに、一般的な企業や個人事業主のウェブサイトや個人のブログを運営する限りでは、上限に届かないと思います。

もし上限に達してしまった場合は、プランをアップグレードすることで上限を開放することができ、エックスサーバーの最上位プランX30プランでは転送量が100GB/日、ヘテムルの最上位プランプラスプランでは転送量が120GB/日までアップグレードすることができます。

数値的にヘテムルのほうが高く、余裕がありますね。

バックアップ機能

エックスサーバー、ヘテムルともに、データのバックアップは無料・自動で動作します。

どちらも1日1回で、バックアップの時間帯や完全性の保証はありませんが、無いよりは安心だと思います。

どちらもバックアップデータの復元時に、データ利用手数料が掛かる仕組みとなっており、必要なときにだけ必要なデータを取り出せる、合理的な仕組みだと思います。

エックスサーバー

  • サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持
  • サーバー領域データ … ご指定の日のWeb・メールデータ(税込10,000円)
  • MySQLデータベース … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税込5,000円)

ヘテムル

  • WEB/メール 7日前まで、データベース 14日前まで
  • 1データ5,000円(Webサーバー1アカウント、メールサーバー1ドメイン、データベース1DB のいずれかの取得を1回としてカウント)

データ復元の課金形式が若干異なりますが、指定日の1つのドメインのWeb、メール、データベースそれぞれを取得しようとすると、どちらも15,000円かかることになるので、ほぼ差はないと言えます。

ヘテムルには別途「バックアップオプション」が搭載されており、月額700円の費用を支払うことで、7世代のバックアップ設定とバックアップスケジューリングが可能で、手数料なしでバックアップデータの復元が可能になります。

自動バックアップよりも復元にかかる時間が圧倒的に短いので、緊急時もダメージを最小限に留めることができます。

頻繁にバックアップデータの復元を行いたい場合は、ヘテムルを選ぶとよいでしょう。

SSL証明書への対応

エックスサーバー ヘテムル
無料 Let’s Encrypt Let’s Encrypt
有料 Core SSL(年額1,000円〜) GMOグローバルサイン(年額18,000円〜)

最近では対応が必須に近い、Webサイトの常時SSL化に必要な、SSL証明書ですが、エックスサーバー、ヘテムルともに無料のLet’s Encryptという証明書が利用可能となっています。

レンタルサーバー会社によってはSSL証明書は別途有料のものしか取り扱いがない場合もあり、そういったサーバーに比べてエックスサーバーやヘテムルはオトクなサーバーであると言えます。

オプションの有料SSL証明書はそれぞれ扱いのある証明書が異なっており、SSL証明書はレベル、ブランド力によって大きく価格が異なるため、エックスサーバーの有料証明書のほうが安いとは簡単には言えません。

サポート体制

エックスサーバー ヘテムル
電話 平日10:00〜18:00 平日10:00〜18:00
メール 24時間365日、24時間以内に返信 原則24時間以内に返信

電話サポートに関しては、エックスサーバーとヘテムルに差異はありません。電話サポートはどちらも平日の日中のみの対応となっていますので、休日や深夜は多少不便かもしれません。

また、電話はフリーダイヤルではないので、通話料に注意が必要です。

メールについては、エックスサーバーが24時間365日対応、24時間以内返信に対応しておりますが、ヘテムルは「原則24時間以内に返信」となっており、エックスサーバーのほうが迅速度が高いと言えます。

運営会社の比較

エックスサーバー ヘテムル
会社名 エックスサーバー株式会社 GMOペパボ株式会社
設立 2004年1月 2003年1月
資本金 9,900万円 1億5,967万円
上場 JASDAQスタンダード

レンタルサーバーは運営会社の安定性や事業継続性も重要なポイントです。

レンタルサーバー会社が倒産してしまった場合、大切なデータやホームページなどの資産が回収できなくなってしまう危険性もあります。

エックスサーバー、ヘテムルともに大手のレンタルサーバー会社であり、設立もエックスサーバーは2004年、ヘテムルも2003年と長年の事業実績があります。

資本金はヘテムルがエックスサーバーの1.5倍あり、JASDAQスタンダードに上場しているので、運営会社の信頼性としてはヘテムルが一歩リードしていると言えます。

ただ、どちらのサーバーを選んでも、安定性、事業継続性という意味では申し分がないと思います。

無料体験期間の長さ

エックスサーバー ヘテムル
無料体験期間 10日間 15日間

エックスサーバーの無料体験期間は10日間、ヘテムルの無料体験期間は15日間となっており、どちらも無料期間中はメール機能が利用できませんが、それ以外のほぼすべての機能が使えます。

課金の心配なく気軽に機能、動作速度を試すことができます。

無料体験期間の長さでは、ヘテムルに軍配が上がります。

最新の技術の取り入れ速度

レンタルサーバーに関わる技術は、日々進歩しており、常に新しい便利な技術が開発され続けています。

私が体験した中では、「エックスサーバー」のほうがヘテムルに比べて新しい技術や試みを取り入れる速度が早く、こまめなアップデートが行われている印象があります。

事実、リニューアル前のヘテムルは月額料金がエックスサーバーの倍近くあり、無料の独自SSLや自動バックアップなど定番の機能に非対応だったため、どちらをおすすめするかといえば、当時は断然エックスサーバーでした。

エックスサーバーがおすすめな場合

リアルタイムでサポートが無いと不安な場合

エックスサーバーはメールサポートであれば365日いつでも24時間以内の返信を謳っており、土日や深夜に問題が発生した際も迅速な対応が期待できます。

ヘテムルもメールサポートは「原則24時間以内に返信」となっておりますが、常にサポートしてもらえるエックスサーバーに軍配が上がると思います。

最新の技術をサイトに常に取り入れたい場合

エックスサーバーはヘテムルと比較して、こまめにサーバーの機能、性能をアップデートしてきました。

今後も新しい機能やサイトの高速化技術など、新しい機能をどんどん取り入れていくものと思われます。

サイトに最新の技術を反映させ、高速でページを表示させたり、新しい機能を導入したい方にとってエックスサーバーはおすすめのサーバーです。

エックスサーバーは10日間無料お試しがついてくる。

エックスサーバーには申込から10日間無料でお試しができるため、ノーリスクで導入ができます。無料お試し期間中にサーバーが問題なく使えるかどうか?必要な機能はあるかどうか?等を試せばいいので、気に入らなかったら無料お試し期間中に解約すればお金は一切かかりません。

エックスサーバーの公式サイトはこちらから

http://www.xserver.ne.jp/

ヘテムルがおすすめな場合

初期費用、月額費用を安く抑えたい場合

ヘテムルはエックスサーバーと比較して、初期費用は約2/3、月額費用もそれぞれ100円程度安く、サーバー費用をより低コストに抑えたい方にとって、ヘテムルがおすすめのサーバーとなります。

ヘテムルよりも格安のレンタルサーバーもありますが、ハイスペックで高速動作するサーバーとしては、ヘテムルが最安ラインに位置するといえます。

データベース数、転送量に余裕をもたせたい場合

ヘテムルはエックスサーバーと比較して、データベース使用可能数と転送量に余裕があります。

どちらのサーバーを契約しても、データベースを数十個使用したり、転送量を上限近くまで使用することは通常の利用方法ではあまりありませんが、それらが気になる場合、ヘテムルを契約すると良いでしょう。

充実したバックアップ機能が有料でも欲しい場合

エックスサーバー、ヘテムルともに、無料の自動バックアップ機能が存在していますが、ヘテムルはそれに加えて、有料月額700円のバックアップオプションに対応しています。

バックアップオプションを使用することで、頻繁にデータを復元するような使い方をする場合、総額で安くなる可能性があるので、そういった使い方をする方にとってヘテムルは心強いです。

ヘテムルは15日間無料お試しがついてくる。

ヘテムルは15日間の無料お試しがついてくるため、必要な機能が揃っているか、必要な性能を満たしているか、思う存分試した上で、納得してから契約することが可能です。

ヘテムルの公式サイトはこちら

ヘテムル

DIGITAL

デジタルの記事一覧

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。