エックスサーバー(Xserver)とロリポップ(Lolipop)を徹底比較!

投稿日時:2018.11.29.22:35
最終更新:2018.11.30.11:09

私は複数のウェブサイトを運営しており、格安サーバーからハイスペックなレンタルサーバーまで、色々なレンタルサーバーを今までに契約してきました。

エックスサーバーロリポップ!レンタルサーバーともに使用経験があります。

どちらも大手レンタルサーバー会社が運営する信頼性の高いレンタルサーバーだと思っています。

エックスサーバーは「高性能ながら月額900円〜使用できる、信頼感抜群のサーバー」であり、ロリポップ!レンタルサーバーは「格安サーバーながら今どきの機能を取り揃えた、コストパフォーマンスの良いサーバー」であると言えます。

どちらもWordPressサイトを運営するときにまず候補に上がるレンタルサーバーですが、ロリポップはエックスサーバーに比べて低価格帯のプランもあるので、どっちにしようか迷ってしまう方もいると思います。

こんな時どちらを選べばいいのか?2018年の情報でこのページを作成しました。

エックスサーバー(Xserver)について

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が運営する人気のレンタルサーバーです。運用サイト数は160万件を突破しており(2018年11月現在※スクリーンショットは過去のもの)、信頼性と安定性が魅力のレンタルサーバーです。

ここでは多くのユーザーにとって必要十分な、一番安い月額900円〜使用可能なプラン「X10プラン」を対象に比較を行います。

エックスサーバー(Xserver)のプランを徹底比較!おすすめのプランは?変更はできる?

エックスサーバーは10日間無料お試しがついてくる。

エックスサーバーには申込から10日間無料でお試しができるため、ノーリスクで導入ができます。無料お試し期間中にサーバーが問題なく使えるかどうか?必要な機能はあるかどうか?等を試せばいいので、気に入らなかったら無料お試し期間中に解約すればお金は一切かかりません。

エックスサーバーの公式サイトはこちらから

http://www.xserver.ne.jp/

ロリポップ!(Lolipop)レンタルサーバーについて

ロリポップ!レンタルサーバーは、大手レンタルサーバー会社GMOペパボ株式会社が運営する、有名レンタルサーバーです。

ご利用実績は200万サイトを突破しており、2018年で17周年を迎える、歴史の長いレンタルサーバーで、安心感と信頼感があります。

スペックも比較的パフォーマンスが良く、新しいトレンド機能も一通り取り揃えている、意欲的なレンタルサーバーです。

また、月額なんと100円〜利用可能という、低価格さと、目的に合わせて選べるプランの豊富さも魅力の一つです。

ここではWordPressサイトを運営する際に候補にあがる、2番目に安い月額250円〜利用可能なライトプランと、多くの方に選ばれる月額500円〜利用可能なスタンダードプランを対象に比較を行います。

ロリポップは10日間無料お試しがついてくる!

ロリポップは無料で10日間お試し利用が可能です。そのためお試し期間中にホームページを公開することも可能で、必要な機能があるかどうか確かめることができ、気に入らなければ無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

ロリポップの公式サイトはこちら

ロリポップ!

初期費用と月額料金を比較

エックスサーバーとロリポップ!レンタルサーバーの料金をまずは比較してみました。

エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
初期費用 3,000円 1,500円 1,500円

初期費用はエックスサーバーが3,000円、ロリポップが1,500円となっております。

月額費用 エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
3ヶ月契約 1,200円 300円 600円
1年契約 1,000円 250円 500円
3年契約 900円 250円 500円

一番短い3ヶ月契約で見ると、エックスサーバーが1,200円、ロリポップのライトプランが300円、スタンダードプランが600円となっています。

エックスサーバー、ロリポップともに、長期契約すると月額費用がお得になるので、最初から長期利用前提の方は長期契約がおすすめです。

価格だけで比較すると、ロリポップのライトプランが一番安いです。ロリポップのライトプランは、

  • WordPressサイトを1サイトのみ運営したい
  • WordPress(サイト・管理画面)の動作速度にはあまりこだわらない

方におすすめです。

また、エックスサーバーはキャンペーンを行っていることが多く、私が訪問した時は初期費用が1,500円になり、月額費用も割引されるキャンペーンを実施中でした。

レンタルサーバー容量の比較

エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
容量 200GB 50GB 120GB
ディスク SSD SSD SSD

エックスサーバー、ロリポップともにオールSSDを採用し、WordPressなどのサイトが高速動作します。

レンタルサーバー容量は、エックスサーバーX10が容量に余裕があり、容量を重視される方にはエックスサーバーがおすすめです。

データベース使用可能数の比較

エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
データベース数 50個 1個 30個

データベースはWordPressサイト1つにつき、通常1つ使います。

エックスサーバーX10プランは50個(50サイトまで)ですが、ロリポップスタンダードプランは30個(30サイト)まで、ロリポップライトプランに至っては1個(1サイト)までとエックスサーバーに比べて使用できる数が少ないです。

アフィリエイトサイトを多数立ち上げたい場合など、多くのWordPressサイトを立ち上げる使い方をする場合には、エックスサーバーがおすすめです。

転送量の比較

エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
転送量 2100GB/月 1800GB/月 3000GB/月
許容PV数 105万PV/月 90万PV/月 150万PV/月

※許容PV数は1PVあたりデータ通信量2MB消費する場合の推計値

データ転送量は大規模で人気なウェブサイトを運営する際に気になる項目です。

エックスサーバー、ロリポップのライトプランとスタンダードプランともに、一般的な企業や個人事業主のウェブサイトや個人のブログを運営する限りでは、上限に届かないと思います。

もし上限に達してしまった場合は、プランをアップグレードすることで上限を開放することができ、エックスサーバーの最上位プランX30プランでは転送量が3000GB/月(月間150万PV)、ロリポップの最上位プランエンタープライズプランでは転送量が無制限までアップグレードすることができます。

月額900円〜のエックスサーバーのX10プランよりも、月額500円〜のロリポップのスタンダードプランのほうが初期費用・月額料金が安いのに、許容転送量が多いのは驚きですね。

逆にエックスサーバーにはもう少し頑張って欲しいところです。

ロリポップはエンタープライズプランにすることで、転送量を無制限にできるので、転送量を気にする方はロリポップを選ぶのがおすすめです。

バックアップ機能

エックスサーバーは、データのバックアップは無料・自動で動作します。

一方ロリポップはバックアップ機能を作動させるには、月額300円の有料オプションに入る必要があります。

エックスサーバー

  • サーバー領域のWeb・メールデータ「過去7日分」、MySQLデータベース「過去14日分」のデータを保持
  • サーバー領域データ復元手数料 … ご指定の日のWeb・メールデータ(税込10,000円)
  • MySQLデータベース復元手数料  … ご指定の日の特定のデータベース1つ(税込5,000円)
  • ファイルの復旧作業は自分で行う必要あり

ロリポップ

  • バックアップ機能は有料(月額300円)
  • データのダウンロードに追加料金はかからない

バックアップ機能が無料なのはエックスサーバーなので、エックスサーバーのほうが優位に見えますが、ロリポップはデータのダウンロードに追加料金がかからないので、

  • 万が一の時のためのバックアップが欲しい場合はエックスサーバー
  • 頻繁にバックアップデータをダウンロードしたい場合はロリポップ

がおすすめになります。

SSL証明書への対応

エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
無料 Let’s Encrypt Let’s Encrypt Let’s Encrypt
有料 Core SSL(年額1,000円〜) GlobalSign(月額2,000円〜) GlobalSign(月額2,000円〜)

最近では対応が必須に近い、Webサイトの常時SSL化に必要な、SSL証明書ですが、エックスサーバー、ロリポップともに無料のSSL証明書が利用できます。

レンタルサーバー会社によってはSSL証明書は別途有料のものしか取り扱いがない場合もあり、そういったサーバーに比べてエックスサーバーやロリポップはお得なサーバーであると言えます。

オプションの有料SSL証明書はそれぞれ扱いのある証明書が異なっており、SSL証明書はレベル、ブランド力によって大きく価格が異なるため、エックスサーバーの有料証明書のほうが安いとは簡単には言えません。

サポート体制

エックスサーバーX10 ロリポップライト ロリポップスタンダード
電話 平日10:00〜18:00 なし 平日10:00〜18:00
メール 24時間365日、24時間以内に返信 24時間受付 24時間受付
チャット なし 平日9:00〜19:00
土日10:00〜13:00,14:00〜19:00
平日9:00〜19:00
土日10:00〜13:00,14:00〜19:00

電話サポートに関しては、エックスサーバーは全プラン対応していますが、ロリポップはスタンダードプラン以上のみの対応となります。

メールサポートについては、24時間以内に返信を明記しているエックスサーバーのほうが、信頼感がありますね。

チャットサポートについては、ロリポップのみ対応しています。

リアルタイムにやりとりができるため、文章でやり取りしたい方には大変便利なサポートです。

運営会社の比較

エックスサーバー ロリポップ
会社名 エックスサーバー株式会社 GMOペパボ株式会社
設立 2004年1月 2003年1月
資本金 9,900万円 1億5,967万円

レンタルサーバーは運営会社の安定性や事業継続性も重要なポイントです。

レンタルサーバー会社が倒産してしまった場合、大切なデータやホームページなどの資産が回収できなくなってしまう危険性もあります。

エックスサーバー、ロリポップともに、長年の実績がある大手のレンタルサーバー会社であり、会社のスケールも大きいです。

どちらも信用度という面では申し分が無いですが、強いて言うならロリポップのほうが資本金額が多く、一歩リードと言えます。

無料体験期間の長さ

エックスサーバー ロリポップ
無料体験期間 10日間 10日間

エックスサーバー、ロリポップともに無料体験期間は10日間、お試し期間中にもほぼすべての機能が使えます。

コントロールパネルの使いやすさ

エックスサーバー ロリポップ
コントロールパネル 専用パネル 専用パネル

私はエックスサーバー、ロリポップともに管理画面での操作を行ったことがありますが、エックスサーバーのコントロールパネルはシンプルで使いやすく、長年の運用からこなれた感じがします。

ロリポップも初心者向けにつくりこまれた、わかりやすいコントロールパネルであると言えます。

エックスサーバー(Xserver)がおすすめな場合

多数のWordPressサイトを同時に運用したい場合

エックスサーバーのスタンダードプランは、MySQLが50個(WordPressサイト50サイト)まで使用可能です。ロリポップのスタンダードプランやライトプランに比べて使える数が多いです。

アフィリエイトを本格的に展開していきたい時など、多数のWordPressサイトを使いたい場合は、エックスサーバーがおすすめです。

しかし他社サーバーでは、MySQL使用可能数が無制限といった、大盤振る舞いのサービスを提供しているサーバーがあり、多数のWordPressサイトを使いたい場合は、以下の記事で紹介している、カラフルボックスが良いと言えます。

カラフルボックス(ColorfulBox)の詳細情報

バックアップを無料で使いたい方

エックスサーバーはバックアップ機能が無料・自動でついてくるため、万が一の際の対応におすすめです。

ですが、バックアップデータのダウンロードには手数料が必要なので、使い方に注意が必要です。

SSD容量に余裕をもたせたい方

エックスサーバーのSSD容量は、最安のX10プランでも200GBと豊富な容量があり、スタンダードプランで120GBのロリポップと比べて大幅にリードしています。

写真や動画をサイト内に大量にアップしたい場合など、レンタルサーバー容量に余裕をもたせたい場合にエックスサーバーがおすすめです。

エックスサーバーは10日間無料お試しがついてくる。

エックスサーバーには申込から10日間無料でお試しができるため、ノーリスクで導入ができます。無料お試し期間中にサーバーが問題なく使えるかどうか?必要な機能はあるかどうか?等を試せばいいので、気に入らなかったら無料お試し期間中に解約すればお金は一切かかりません。

エックスサーバーの公式サイトはこちらから

http://www.xserver.ne.jp/

私のエックスサーバーの使用記はこちら

エックスサーバーの評判!月20万PVのサイトを運営した感想。プランはどれが良い?

ロリポップ!(Lolipop)レンタルサーバーがおすすめな場合

初期費用、月額費用を安く抑えたい方

ロリポップのライトプランは月額250円〜使用でき、電話サポートに対応したスタンダードプランも月額500円〜使用できるなど、最安プランが月額900円〜のエックスサーバーに比べると、月額料金が安くてお得です。

初期費用もロリポップは1,500円、エックスサーバーは3,000円と2倍の差があり、レンタルサーバーにかかる料金を抑えたい方にはロリポップがオススメと言えます。

転送量に余裕をもたせたい方

エックスサーバー、ロリポップのライトプランとスタンダードプランともに、一般的な企業や個人事業主のウェブサイトや個人のブログを運営する限りでは、上限に届かないと思います。

エックスサーバーのX10プランは2,100GB/月が許容量ですが、ロリポップのスタンダードプランは3,000GB/月の許容量となっています。

月額900円〜のエックスサーバーのX10プランよりも、月額500円〜のロリポップのスタンダードプランのほうが初期費用・月額料金が安いのに、許容転送量が多いのは驚きですね。

転送量を気にする方はロリポップを選ぶのがおすすめです。

ロリポップは10日間無料お試しがついてくる!

ロリポップは無料で10日間お試し利用が可能です。そのためお試し期間中にホームページを公開することも可能で、必要な機能があるかどうか確かめることができ、気に入らなければ無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

ロリポップの公式サイトはこちら

ロリポップ!

ロリポップについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ロリポップ!(Lolipop)レンタルサーバーの詳細情報

DIGITAL

デジタルの記事一覧

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。