気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターの2017年12月の状況

投稿日時:2017.12.15.00:40 / 最終更新:2017.12.15.00:40

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターは、地上14階建て・高さ約82mの複合ビルとなります。ビルには気象庁と港区率教育センターのオフィス、それに図書館・博物館などが入居する予定となっております。

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターを北側から撮影

工事は未だ始まったばかりで、鉄骨などは現れてきていません。奥に見える4基のタワークレーンは「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」のものです。

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターを北東側から撮影

敷地の背後には超高層ビルが密集して林立しています。虎ノ門・神谷町エリアも本格的な超高層ビル街に成長してきています。

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターを南側から撮影

左奥に見えるタワークレーンは「虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)」のものです。虎ノ門・神谷町エリアでは再開発計画が目白押しです。

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターの完成予想イメージ

画像引用元:日刊建設工業新聞

気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センターの計画概要

用途 オフィス・博物館・図書館等
延床面積 42,846㎡
階数 14階
高さ 約82m
完成予定時期 2020年2月

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて