虎ノ門病院整備事業の2017年12月の状況

投稿日時:2017.12.8.15:12 / 最終更新:2017.12.8.15:12

虎の門病院整備事業は、再開発事業「虎ノ門二丁目地区 病院棟」として進行していた事業で、2019年3月に、地上19階・高さ約100m、延床面積約85,458㎡の超高層の病院施設が誕生します。

現在鉄骨の建て方が進行中で、今後ぐんぐん上に伸びていくものと思われます。

また、新しい虎の門病院が完成後、既存の虎の門病院は解体され、「虎ノ門二丁目地区 業務棟」という高さ約179mの超高層ビルに建替えられます。こちらは2024年に完成予定となっています。

虎ノ門病院整備事業を西側から撮影

在日米国大使館がすぐそばにあるので、警備が非常に厳しかったです。一部の歩道は立入禁止になっていました。

虎ノ門病院整備事業を南西側から撮影

タワークレーン4基により勢い良く建設が進められています。

虎ノ門病院整備事業を南側から撮影

虎ノ門病院整備事業を東側から撮影

タワークレーン越しに見える超高層ビルは、赤坂インターシティAIRです。

虎ノ門病院整備事業の完成予想イメージ

画像引用元:虎の門病院 新病院建設情報

虎ノ門病院整備事業の計画概要

用途 病院等
延床面積 約85,458㎡
階数 19階
高さ 約100m
完成予定時期 2019年3月

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて