虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業の2017年12月の状況

投稿日時:2017.12.20.20:22 / 最終更新:2017.12.20.20:22

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業は、地上24階建て・高さ約120m、延床面積約47,274㎡の超高層オフィスビルです。虎ノ門周辺の超高層ビル計画としてはやや小ぶりな部類となります。着工は2018年1月なので着工間近です。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業を南側から撮影

着工前ですが、現場はすでに稼働しているようです。背後に見える超高層ビルは霞が関コモンゲートです。虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業の所在地は虎ノ門ですが、霞が関と目と鼻の先に立地しています。

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業を北側から撮影

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業の完成予想イメージ

画像引用元:「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合設立認可のお知らせ

虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業の計画概要

用途 オフィス・地下広場・店舗等
延床面積 47,274㎡
階数 24階
高さ 約120m
完成予定時期 2020年6月

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ