虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)の2017年12月の状況

投稿日時:2017.12.11.00:44 / 最終更新:2017.12.11.00:44

虎ノ門2-10計画は、ホテルオークラ東京の本館をホテル・オフィス等で構成される複合ビルに建て替える計画で、2016年6月に着工されました。ホテルオークラ東京本館は、高さ約189m・延床面積180,096㎡の大規模複合ビルとして生まれ変わります。

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)を北側から撮影

新しい本館の建設工事が進んでいます。本館は2棟で構成され、鉄骨が組み上がっている方が高い方の建物で、高さ約189mまで伸びます。

高い方の建物の高層部はホテル・低層部はオフィスが入居し、低い方の建物にはホテルが入居する予定です。

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)を東側から撮影

現場事務所が敷地ギリギリに建てられています。

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)を南東側から撮影

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)を南側から撮影

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)を南西側から撮影①

鉄骨がどんどん組み上げられていきます。

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)を南西側から撮影②

新しい本館は2棟で構成され、中央奥に見えている鉄骨が低い建物になります。

左側に見えるアジア風の建物は大倉集古館で、この建物は残されます。

虎ノ門2-10計画(ホテルオークラ東京 本館建替計画)の完成予想イメージと計画概要

画像引用元:大成建設 プレスリリース

用途 ホテル・オフィス等
延床面積 180,096㎡
階数 38階(運用呼称上は41階)
高さ 約189m
完成予定時期 2019年6月

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ