資生堂グローバルイノベーションセンター

投稿日時:2018.2.2.16:53 / 最終更新:2018.2.2.16:54

資生堂グローバルイノベーションセンターについて

資生堂グローバルイノベーションセンターは、みなとみらい21地区の新高島駅直上で建設中の資生堂の研究開発(R&D)施設です。資生堂グローバルイノベーションセンターは、世界で展開する各地域の研究開発拠点のハブとして機能する予定となっております。

低層部の1階・2階には、「オープンコミュニケーションスペース」が設置される予定となっております。1階は研究員と交流しながら最先端の化粧品を試せる、「ビューティー・バー」やアクティブなお客様向けの「アクティブ・ビューティー・ステーション」食と美の研究から生まれたメニューを提供する「デリ&カフェ」などで構成され、2階は複合ミュージアムが入居する予定となっており、みなとみらいの新名所となりそうです。

周辺には資生堂の他にもLG電子・村田製作所などが研究開発拠点を開設予定となっており、既存の富士ゼロックスR&Dスクエアと合わせて、企業の研究開発拠点の一大集積地となりそうです。

完成予想イメージ

画像引用元:横浜市都市整備局

計画概要

用途 研究開発施設・店舗等
延床面積 約58,226㎡
階数 16階
高さ 78m
完成予定時期 2019年4月

2018年1月の現場レポート

西側から撮影

鉄骨がどんどん組まれていっています。みなとみらいの新高島駅周辺エリアにもようやく、開発の波が来ました。

北側から撮影

北東側から撮影

みなとみらい大通り沿いの写真です。今はまだ資生堂グローバルイノベーションセンターしか目立つ建物がありませんが、将来的にみなとみらい大通り沿いにずらりと企業のオフィスや研究開発施設が立ち並びます。

東側から撮影

仮囲いのアート

仮囲いには目立つアートワークが描かれています。

南側から撮影

背後には日産自動車本社ビルや横浜三井ビルディングなどが見えています。手前の敷地にはLG電子による研究開発施設が建設される予定となっております。

今、あなたにオススメ

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。