JR北海道の北広島市ボールパーク新駅の検討状況。最短でも2027年度末開業で、ボールパーク開業には間に合わず。

投稿日時:2019.12.11.21:45 / 最終更新:2019.12.11.22:00

JR北海道の北広島市ボールパーク新駅のイメージパース

画像引用元:JR北海道のニュースリリース

北海道ボールパーク新駅の実現可能性が高まる

JR北海道のニュースリリースによると、「北海道ボールパーク」に隣接する新駅案の検討状況が明らかになりました。

北海道ボールパークの開業で、北広島駅に歩行者や交通が集中する予測が出ており、またボールパークへのアクセス性向上のため、北広島市などが新駅の実現性の検討などを行っていました。

北広島市は、地元が建設費用などを負担する「請願駅」としてJRに要望を行っており、新駅が開業する可能性が高まったと言えます。

北広島市の北海道ボールパーク新駅の概略図とイメージパース

1面2線の新駅となり、快速エアポート等の列車通過時の利用客の安全性確保や、新駅始発の臨時列車を設定可能にする設備などが考慮されています。

JR北海道の北広島市ボールパーク新駅の概略図

北海道ボールパークへ連結するペデストリアンデッキも構想されており、ボールパークに直結する便利な新駅となりそうです。

JR北海道の北広島市ボールパーク新駅のイメージパース

画像引用元:JR北海道のニュースリリース

北海道ボールパーク新駅の開業スケジュール

2020年度中に意思決定が行われ、2021年度から事業に着手した場合、設計や各種届出期間を含め、2027年度末に最短で開業が可能となります。

2023年3月に予定している、北海道ボールパークの開業タイミングには間に合わず、当面の間は既存の北広島駅の改修等で需要増に対応する方針です。

北海道ボールパーク新駅はどこにできる?場所・地図は?

北海道ボールパークに隣接して設けられる新駅は、北広島市の「きたひろしま総合運動公園」の北側に設置が予定されています。

きたひろしま総合運動公園の敷地面積は約36.7ヘクタールと大変広く、自由な設計でボールパークを整備でき、また公園の緑と両立したボールパークを整備することが可能だと思います。

北海道の新たなシンボル「北海道ボールパーク」が2023年に誕生!

日本ハム株式会社と北海道日本ハムファイターズ株式会社と、株式会社北海道ボールパークは、2018年11月5日に、日本ハムファイターズの新球場を、北広島市のきたひろしま総合運動公園内に建設することを決定し、その概要と外観を発表しました。

関連記事:北海道ボールパークは2023年3月開業決定!場所は北広島市。斬新な設計の日本ハムファイターズ新球場が誕生。バイト求人は?

画像引用元:新球場建設に関して

北海道・札幌の再開発情報

札幌・北海道の再開発情報は以下のページにまとめております。よろしければご覧ください。

札幌・北海道の再開発情報

こちらも読まれています

Traffic

交通の記事一覧

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。