七隈線延伸(天神南〜博多間)は開業はいつ?新駅やルートは?

投稿日時:2019.1.21.18:15 / 最終更新:2019.3.31.22:00

七隈線の博多延伸計画が進行中!

福岡市営地下鉄七隈線は、橋本駅〜天神南駅を結ぶ全長約12.0kmの地下鉄路線です。

福岡都心側の終着駅となっている天神南駅は、西鉄福岡(天神)駅に隣接していますが、地下鉄空港線の天神駅や天神の中心部からはやや距離があります。

また、福岡市の交通ターミナル拠点である博多エリアとの接続がなく、七隈線は通勤や移動にやや不便な路線となっていました。

七隈線の利便性向上と、福岡市の2大都心エリアである天神と博多の結び付きを強めるため、七隈線天神南〜博多間(約1.6km)の延伸工事が進められています。

七隈線延伸事業

七隈線延伸部(天神南〜博多)の開業はいつ?

七隈線延伸部(天神南〜博多)間の開業は、2022年度を予定しています。

当初はもっと早く開業する予定でいましたが、工事中の路線部で大規模な陥没事故が発生した影響もあり、開業が大幅に遅れることとなりました。

七隈線延伸部(天神南〜博多)のルート・路線図

七隈線は天神南駅から東に伸び、大型複合施設キャナルシティ博多付近に中間駅(仮称)を設置し、さらに東に伸びてJRや新幹線、市営地下鉄空港線などの駅がある博多駅に接続します。

七隈線が博多駅に直結することで、七隈線の路線価値向上や、バスから地下鉄へのシフト、天神と博多の結びつきの強化による福岡都心の活性化が起こりそうです。

七隈線延伸部(天神南〜博多)の新駅

七隈線延伸部では、以下の2つの新駅が設置されます。

中間駅(仮称)

キャナルシティ博多の北側付近に設けられる中間駅(仮称)は、大型商業施設キャナルシティ博多や観光客に人気の中洲に好アクセスの駅となりそうです。

キャナルシティ博多とは地下道によって直結される予定です。

駅名は未定ですが、「キャナルシティ博多前」や住所をとって「祇園南」などが考えられます。今後の発表が待たれるところです。

博多駅

七隈線の博多駅は、はかた駅前通りの地下に設置されます。JRや新幹線、市営地下鉄空港線の博多駅と乗り換えることができ、博多が福岡市の中央ターミナルとして更に進化しそうです。

博多駅周辺の規制緩和「博多コネクティッド」も始動

七隈線が延伸される博多駅周辺では、容積率や高さ規制を一部緩和し、民間によるビルの建替・再開発を促進する福岡市のプロジェクト「博多コネクティッド」が始動しています。

天神エリアでは福岡市に寄る規制緩和「天神ビッグバン」によって、再開発計画が複数立ち上がり、地域が活性化していますが、七隈線延伸と「博多コネクティッド」によって、博多駅周辺エリアでも再開発が行われる可能性があります。

「博多コネクティッド」博多駅周辺半径500mで規制緩和、再開発促進構想が始動!

福岡市の再開発情報

福岡市内の再開発情報は、下記のページにまとめてあります。

福岡の再開発情報

博多エリアの再開発情報は、下記のページにまとめてあります。

博多の再開発情報

天神エリアの再開発情報は、下記のページにまとめてあります。

天神(天神ビッグバン)の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Traffic

交通の記事一覧

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ