山手線に新駅「高輪ゲートウェイ駅」誕生!2020年暫定開業予定!

最終更新:2018.12.04

JR山手線・京浜東北線の田町ー品川間に開業予定の新駅の名称が高輪ゲートウェイ駅に決定しました。

山手線初のカタカナの混じる駅名となり、驚きと波紋が世間に広がっています。

駅名の選定理由

新駅ができる高輪エリアは、古来より街道が通じ、明治時代には鉄道が開通した由緒あるエリアであり、新しい街は世界中から先進的な企業と人材が集まる、国際交流拠点の形成を目標にしており、新駅はこの地域の歴史を引き継ぎつつ、今後も交流拠点としての機能を担います。

新しい駅が、過去と未来、日本と世界、多くの人々をつなぐ結節点(ゲートウェイ)として街全体の発展に寄与することを願って選定しました。

高輪ゲートウェイ駅周辺では大規模な再開発が計画されていますが、再開発ビルの名称が「高輪ゲートウェイ」と連動したもの、あるいは施設そのものが「高輪ゲートウェイ」という名称になる可能性があります。

他の駅名候補

新駅名の募集時に多かった名称は、

第1位 高輪(たかなわ)

第2位 芝浦(しばうら)

第3位 芝浜(しばはま)

となっており、2文字の地名のみの駅名が人気でしたが、「高輪ゲートウェイ」という漢字+カタカナの変化球的な駅名に決定しました。

詳細はJR東日本のプレスリリースをご覧ください

高輪ゲートウェイ駅周辺再開発の情報はこちら!

品川新駅周辺再開発(品川開発プロジェクト)近未来的な超高層ビル街と広場が誕生!

高輪ゲートウェイ駅の設置予定場所

高輪ゲートウェイ駅は、田町駅と品川駅の中間よりやや品川駅寄り(田町駅から1.3km・品川駅から0.9km)・泉岳寺駅の近隣地に2020年春に開業予定となっています。具体的な位置はGoogleマップで示してみました。

高輪ゲートウェイ駅と泉岳寺駅の接続

高輪ゲートウェイ駅と都営地下鉄浅草線・京浜急行の泉岳寺駅は約300mの距離がありますが、駅と駅の間では大規模な再開発が計画されており、デッキや地下道等何らかの方法で接続が検討されているようです。

ただ、距離があり、それぞれの路線は品川駅でもっと便利に乗り換えが可能なため、メジャーな乗り換えスポットにはならないと思われます。

高輪ゲートウェイ駅はいつ開業するの?

高輪ゲートウェイ駅は東京オリンピック・パラリンピックに合わせて2020年に暫定開業が予定されており、記事執筆時から2年少しで開業となりそうです。

周辺エリアの開発の完成も含めた本格開業は2024年頃を予定していますが、オリンピック・パラリンピック時には駅は完成している状態になっていると思われます。

世界的建築家「隈研吾」が駅舎デザインを担当

画像引用元:品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要について

高輪ゲートウェイ駅の駅舎デザインはすでに完成予想イメージが公表されています。

世界で活躍している建築家「隈研吾」がデザインアーキテクトとして参画し、日本の伝統的な折り紙をモチーフとした開放的な大屋根で覆われた斬新で快適な駅舎が誕生する予定です。

随所に障子をイメージした膜や木といった日本的な素材を活用し、日本文化を国際的に発信する場としても機能しそうです。

Traffic

交通の記事一覧

Share

このページを共有

Follow

購読する

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。