THライナーの停車駅、運行時刻、車両&車内イメージは?いつから運行?東武線・日比谷線相互直通列車に初の座席指定列車が誕生。

投稿日時:2019.12.20.17:52 / 最終更新:2019.12.20.18:07

THライナー用車両70090型

東武線・日比谷線相互直通列車に座席指定制列車「THライナー」が誕生!

東武線・日比谷線相互直通列車に、初の座席指定列車「THライナー」が運行を予定しています。

「TH」とは「東武線」と「日比谷線」を結ぶとともに、「東京」と「HOME(自宅)」をダイレクトに結ぶ通勤ライナーという意味が込められています。

車両は東武鉄道70000系をベースに新造した、ロング・クロスシート転換車両「70090型」が使用されます。

THライナーのロゴ

画像引用元:東武鉄道のニュースリリース

THライナーはいつから運行?

THライナーの運行開始日時は、2020年6月6日(土曜)を予定しています。

THライナーの気になる停車駅は?

THライナーの停車駅は、東武線内では「久喜」「東武動物公園」「春日部」「せんげん台」「新越谷」に停車し、東京メトロ日比谷線内では「上野・秋葉原・茅場町・銀座・霞が関・虎ノ門ヒルズ・神谷町・六本木・広尾・恵比寿」に停車します。

速達性を重視し、東京都心区間も通過駅が設定されています。

恵比寿行き列車の久喜〜新越谷までは乗車のみが可能となり、上野〜銀座までは降車のみが可能となっています。

久喜行き列車も霞が関〜上野までは乗車のみが可能、新越谷〜久喜までは降車のみが可能となっており、通勤通学に特化した列車として設定されています。

THライナーの停車駅図

画像引用元:東武鉄道のニュースリリース

THライナーの運行時刻、値段・運賃は?

THライナーの運行時刻や料金 現在検討中で、今後決定次第発表される予定となっています。

運転時間帯の概略が発表されており、

平日の恵比寿方面の上り列車は、久喜駅発6時台、8時台各1本(計2本)
久喜方面の下り列車は、霞ヶ関駅発18時台〜22時台まで毎時1本(計5本)

土休日の恵比寿方面の上り列車は、久喜駅発8時台、9時台各1本(計2本)
久喜方面の下り列車は、霞ヶ関駅発16時台〜20時台まで毎時1本(計5本)

とされています。

THライナーの車内イメージ

ロング・クロスシート転換車両となり、ハイバック仕様の座席を採用して、運行時のプライベート制を確保します。

THライナーの車内イメージ1

荷物フックやドリンクホルダ、コンセントなど、最近の有料特急に多い設備が整っています。

THライナーの車内イメージ2

クロスシート時の車内イメージです。

THライナーの車内イメージ3

ロングシート時の車内イメージです。

THライナーの車内イメージ4

画像引用元:東武鉄道のニュースリリース

THライナーの運行に使用される車両

THライナーの運行に使用される車両は東武鉄道70000系をベースに新造した、ロング・クロスシート転換車両「70090型」が使用されます。

THライナー用車両70090型

画像引用元:東武鉄道のニュースリリース

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Traffic

交通の記事一覧

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて