東海道新幹線10〜11月は過去最多の23288本を運転。のぞみ90号など臨時列車も設定、のぞみ10本ダイヤでより便利に。

投稿日時:2018.11.15.15:21 / 最終更新:2018.11.15.15:21

過去最多の23,288本の新幹線を運転

JR東海は、2018年10月〜11月の運転計画を発表しました。東海道新幹線は1日平均で2017年よりも8本多い、382本を運転します。秋の期間では過去最多の本数となり、2ヶ月合計で23,288本の新幹線が運行されます。

のぞみ10本ダイヤで便利でスムーズな移動を

利用の集中する平日の朝夕の時間帯や、週末に、1時間あたり最大10本の新幹線を設定することで、座席を確保しやすくし、混雑を緩和します。

臨時列車のぞみ90号を早朝に運転!

名古屋から東京方面の移動に便利な臨時列車のぞみ90号を、土曜日、休日の翌日を中心に運行します。のぞみ90号は6時28分名古屋発、8時07分東京着となります。運転日は10/1,6~9,13,15,20,22,27,29 11/3,5,10,12,17,19,23~26となります。

※名古屋から東京(品川、新横浜)に最も早い時刻に到着する臨時「のぞみ」です。

こちらも読まれています

Traffic

交通の記事一覧

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。